Feb 8, 2017

スーパーに売ってない『完熟』果実を凍結・粉砕して最初からチョコに混ぜるという方法もあると思うぞ?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。
あのさあ、風邪でマジで寝てる間には色んなことが思いつくんだオレ。
で、マーケットチェンジパウダーについて考えてみた。

もう、単刀直入に言うね?
日本の果物を丸ごと凍結・粉砕してさー、お酒と混ぜて長期保存可能にするじゃん?
で、カンに詰めといて、需要がありそうな時にチョコと混ぜるのってダメなの?それとももう既にやってる?(笑)

だって、
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89533350R20C15A7000000/
コレ(↑)この記事。こんな事が出来るんなら、凍結・粉砕の仕組みをチョコ作りとかにも応用出来そうな気がしてならないんだが。ア、機械高いか。

っていうか既に、粉砕したのを酒に混ぜてる時点で、『粉』じゃない感が漂ってきたんだがwww

なんかさあー、俺、氷結とか好きなんだよね。あ、氷結果汁ねキリンの。ああいう感じの技術を使って日本の果物とか日本の特産品とかを砕いたりコナにしたりして、チョコに混ぜて『和』チョコレートにするじゃん。

で、フランス人とかが例えばさあ!フランス料理のコースの一番最後にさ?日本発のゆずチョコレートスイーツなんか食べたくなると思わん?

スッキリしてて美味しいからね!ゆず。

なんかさあ、俺が勤めてる会社って、『果物』の凍結したのとか入れる倉庫無いよね。チョコってお酒や果物と合うから、もう一番最初の製造段階で良い感じのフレッシュなフルーツ(を凍結粉砕したりコナにしたようなやつ)とかと混ぜちゃダメなの?

そもそもさあ、根本的な事言うね?じゃあケーキ段階でフレッシュフルーツと一緒にチョコケーキは提供するから!そんなアイデア要らん!とかって話になるかもしれないんだけど・・・。

でも、果物の美味しさって、『出荷時点』でどれだけ熟してるかだよね?多分。ならさ、当然、ギリギリまで熟成させた果物を凍結させて粉砕させたほうが美味しいんじゃないの?

ほら!バナナなんか、出荷時点ではまだ全然青いって言うでしょー。っていう事はさ、チョコ工場の方針的により美味しくクオリティの高いものを目指す感じならさあ、もうチョコ混ぜて作る段階で、ギリギリまで熟して凍結・粉砕とか粉にするとかした果物を使った方が美味しいんじゃない?

いや、フツーに考えるとそういうハナシになるんだけど・・・。

実際に食べるフレッシュフルーツって、未熟じゃん?
農場でギリギリまで熟した専用のフルーツなら、完熟じゃん?

ああ、なら、完熟したフルーツを凍結するとか粉にするとかして、チョコに混ぜた方がよっぽど美味しいはずだわ。

で、ソレをどうやってブランド的イメージをつけて売るか。『和食』チョコって言えば良い。日本の素材が入ってるんだもん、そりゃ、和食だわな。

混ぜるだけでユネスコ世界文化遺産。和食になれば、ターゲットとする市場を柔軟にチェンジする事が出来る!

うん!こういうカンジで物事を考えていけば、もっと美味しくて素敵なチョコレートが出来るかもね♪

(*補足説明。クリエイター職の人は、体調が悪い時にも体調が良い時と全く同じような頭のまわり方をするので、記事を書く為に仮病を使って会社を休んだのでは無く、本当に風邪です。寝室にパソコンがある。)

関連記事

Translate »