Sep 27, 2016

ケータリングを東京で利用『サンドイッチ』がホームパーティで流行に!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



東京でケータリングのサービスを利用してホームパーティをした際に、考えてしまった事があります。

a1180_007486

それは、日本には元々ホームパーティの文化が無い為に、ケータリングを業者に依頼しても当たり外れがあるなという事です。
例えば、西洋人はホームパーティを開いて友人や知人をもてなすという文化が元々あります。
ですから、どちらかというとホームパーティを開く頻度から言えば海外の方が日本よりも多いです。
つまり、ケータリングに類似した海外のサービスは日本よりも種類が多いという印象があります。

a1180_007485

それで、東京でいざホームパーティをする時にケータリングを利用するとなると、考えてしまうのです。

まず、ケータリングはお洒落な内容で無くては来客が納得しないという事です。日本のケータリング業者は、設置から撤収まで一通りやってくれるという『利便性』に重点を置くあまり、東京のハイセンスな感覚についていけていない気がします。

面倒なホームパーティを代行してくれるというイメージの業者よりも、どちらかというと生活スタイルをより豊かにするようなケータリング業者を選ぶ事が、東京では理想的だと思います。東京は情報が多い分、サービスのスタイルや質にこだわりを持つ人が多いからです。

a0006_002258

正直、センスが良いねと友人や知人に褒められるようなケータリングのサービスが良いと私は思っています。そういう意味で、サンドイッチのケータリングがおすすめです。お客様の反応も良かったですし、何より日本人のおもてなしの心がケータリングには大切だと思います。東京では、相手が有意義な時間を一緒に過ごせたと思えるのが大事で、それには、サンドイッチのケータリングが喜ばれると強く思います。

東京は流行の発信地です。なので、流行に沿った食材を手軽に食べられるサンドイッチのケータリングは意外とホームパーティに向くのです。普段、スタバやカフェでは食べられないようなパテサンドイッチやクラブハウスサンドイッチ、ターキーハムサンドイッチなどがあります。

このように、私がサンドイッチのケータリングを利用した時には、流行に敏感な東京に住む人の心を見事に掴んだ内容だと感じました。

関連記事

Translate »