Sep 14, 2016

ケータリングの評価を参考にパーティの主催者が選ぶ!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



フィンガーフードやワンスプーンサイズの料理を重視している東京のケータリングの業者を選ぶと、パーティの主催者としてより高く評価されます。

東京でケータリングのサービスを比較する際には、フィンガーフードの充実度が重要です。フィンガーフードとは、その名の通り指でつまんだり串などにあらかじめさしてあって簡単に食べられるものの事を言います。

a1180_016351

ケータリングがよく使われるシーンとしては、社内パーティやホームパーティですが、人を招いて食事を美味しく楽しんで頂くという事が最も重要です。東京でケータリングを美味しく食べて楽しんで頂く為に必要な事は、ケータリングで出てくる食事のクオリティもそうですが、手軽に摘めるという事がかなり重要です。

ホテルのバイキングのような、食事を楽しめるスペースが完備してある場所ならともかく、ケータリングの場合は会社の会議室や自宅の庭などの元々飲食専用のスペースとして用意された場所では無い場合がほとんどです。
つまり、意外とケータリングでは、通常の飲食店の食事よりも来客の食べやすさが重視されるという事です。東京でサンドイッチのケータリングが流行している理由はそこにあり、食べやすく、こぼして服などを汚してしまうリスクが少なく、来客の好みにあったものを来客自身がチョイス出来るからです。

a1180_016577

そういう意味で、ピンチョスやカナッペ、一口ミックスサンドなど、例え会食の場所が屋外であっても、来客が気軽に選んで食べられるようなフードを提供するケータリング業者が選ばれています。
例えば、同じ料理であってもワンスプーンのサイズで、あらかじめスプーンの上に盛り付けてある場合はとても来客が取りやすいですし、食べやすいです。こうした細かいところの気遣いが出来ているケータリング業者を選ぶと、ワンランク上のおもてなしという事でパーティ主催者の評価も上がります。

特に東京の人は企画内容の進行のスムーズさを重視する傾向がありますので、一目置かれる社内パーティやホームパーティにする為には、気の利いたサービスを提供するケータリング業者を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Translate »