Sep 24, 2016

就職作文を上手になる秘訣とは小学校の作文教育に学ぶこと

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



日本では、小学校の頃から作文の授業が頻繁に行われています。
コンクールも盛んで、テーマに合わせた作文が募集されています。

a0003_001911

学校の夏休みの宿題の一環として、このような賞に応募する取り組みもあります。
これを考えると、日本では小学校から就職作文に関する勉強が出来るようになっているのです。
たかが小学校の作文コンクールだと思ってはいけないのです。
大手新聞社に毎年掲載される小学校の作文コンクールの全文を見ていると、小学生の作文能力の高さに驚かされます。

しかし、それが中学・高校・大学と進む間に変化してしまいます。
どちらかと言うと、小学生の作文の方が優れています。
これからの時代は、就職作文も小学生の作文に見習わないといけない部分が大きいです。
何故なら、小学生の作文と言うのは簡易な表現の中に論点がズバリと述べられているからです。
短い枚数制限に自分が書きたい内容のテーマを盛り込むことが出来るのが、小学校の作文教育です。
だから、日本人はある程度皆が小学校の頃に文章の基礎を学んでいます。
しかし、それを社会に出る頃には生かすことが出来ないのです。

ここで、就職出来る人と出来ない人に差が出て来ます。

a0003_001904

そもそも小学校とは協調性を大事にする学校で、社会の道徳やテーマに関して真面目に議論されています。
それを普通に作文に書くことが求められているのだから、書く学生もそのレベルに達しています。
小学校の作文をそのまま大人になっても書くことが出来る人は、協調性があって社会のルールを持ち続けることが出来た人なのです。
だから、就職作文を書きたいと考えたら、まずお手本にするべきは、小学校の作文のテキストと応募して当選した賞の作文を読むことなのです。
それで自分の今までの作文と読み比べてみます。
すると自分が作文の表現に対して、複雑で分かりにくく自己中心的な考え方を提示していることが分かります。

会社社会で求められるのは、協調性と与えられた仕事(テーマ)に忠実に実行出来る姿勢です。
そこにワンマンは入り込める余地はないのです。
就職作文には、多くの人の共感を得られる内容が求められます。
それは、つまり独自性よりも協調性が高い文章と言うことになります。
それを踏まえて、就職作文対策をして欲しいです。

関連記事

Translate »