Sep 24, 2016

受ける会社にピッタリの人材だとアピールするような就職志望動機をシッカリと考えよう!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



就職試験において最も重要視されると言っても過言では無いのが、就職の志望動機です。つまり就職の志望動機という事は、『あなたは何者なのか』という会社の中での志望者個人の位置づけを決定するという事とほぼイコールでもある訳です。

a0003_001832

採用担当者は何故受験者が自社を受けたのかという事にとても拘ります、それは採用担当者も自社への思い入れが強いのと同時に、受験者の個性を集団の中でどう活かすのかという事も暗に質問していると言ってもいいでしょう。
では、どのような就職の志望動機が採用されやすいのでしょうか?それは、その会社の人がどういう人であるのかを知り、その会社の構成員である社員やアルバイトとどうすれば仲良く出来るのかという質問と全くイコールです。
確かに、業界への熱意や研究はとても大切です。仕事に対して全力で打ち込む為の高い実力を磨くのも必要でしょう。しかし、厳しい言い方となってしまいますが、それも全て売れなければ意味が全く無いのです!良は最良の敵という言葉がありますが、最良と良の違いは何なのかと言うとその会社にピッタリの人材かそうでない普通に良い人材かという事です。会社が欲しいのは、優秀な人材では無く、その会社にピッタリの人材であるという事を忘れてはならないという事です。

a0003_001907

つまり、就職の志望動機というものは、自分がいかに良い人材であるかを会社側にアピールする『売り込み』の為の志望動機では無く、自分がいかにその会社にピッタリな人物であるのかをアピールする『採用側目線』の志望動機でなくてはならないという事です。
会社側はそれを確認する為に受験者の今まで生きてきた人生そのものや、何をしてきてそれに対してどう感じているのか等、直接業務には一見関係の無いような事を確認したがるものなのです。就職の志望動機は一番惰性で考えてはダメな事なので、普段から自分がどのようにして社会の中で生かされていくのかという事を良く考えてみたほうがいいと思います。

関連記事

Translate »