Aug 21, 2016

自分がどう見られれば面接官は信用するのかを意識すれば、アピールすべき転職の志望動機は分かると思います

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



自分がどう見られるか、その自分が何を面接官に話すかが重要です


転職の志望動機で大切な事は、相手から求められたイメージに沿った内容を自分の言葉で話すことです。

例えば、若い人がエネルギッシュに仕事に対する情熱や、青臭いけれどもパワフルな未来の自分へのビジョンを語れば凄く説得力があります。

30歳以上の人の場合ですと、自分が今までした仕事の経験や実績からこれから何が出来るのかを語れば、言葉に重みがあり「使える」人なのだなという印象を与える事が出来ます。

a0001_008151

自分の見た目は、自分を売り込むポートフォリオのようなもの


つまり、自分の外見に沿った内容の志望動機を話すというのが、案外重要だという事です。人は見た目が9割以上だと言う人がいますが、まさにその通りで、自分の見た目というものは会社に自分を売り込む時の1つのポートフォリオのようなものだと思った方が良いでしょう。

自分が相手にどう見られているか、相手に見られている自分がどう発言すれば、相手は自分を信用するのかという事を常に意識しながら転職の志望動機を語ると良いです。

a0001_008147

20代は、チャレンジ精神を言葉でアピールすると良いと思います


例えば、20代前半の人の志望動機としては「この業種・業界にチャレンジをしてみたい」というのが多いかと思います。

若さで何でも乗り切れる年代ですので、自分から率先的に分からない事は調べて、自主的に仕事をこなしていきますというパワーを全面的にアピールして良いかと思います。

特に、その業界の業界紙を読んだ事があるという経験や、その業界の現場を自分なりに見学をしていたという体験があると強いです。

実際に転職活動で強いのは具体的なアクションを起こした事がある人で、業界に実際に入ってもすぐに業界の常識に慣れてくれると思わせる事が重要です。

30代を過ぎた方は、志望の動機の部分をハッキリ分かりやすく

30代からの転職の志望動機としては、自分が今まで具体的にどういう実績があり、その上で何故その会社の面接をうけにきたのかという事が、ハッキリ分かるようなものが良いです。

a0001_014911

何故なら、人生のコンセプトが明確だという印象を面接官に与える為です。自分の過去の経験をベースに自分の未来を切り開いていく健全な姿勢を面接官は評価します。

ですから、自分は何がしたいという事では無く、これまでに何をしてきたから、よって何をしたいという分かりやすい説明をしましょう。

志望動機はあくまでも『動機』である事が大切です。自分の人生計画を語るくらいのつもりで、転職の面接に臨みましょう。

a0002_007188

自分は何者で、何故会社に必要なのかが志望動機を語る上で重要です


このように、転職の志望動機で大切な事は、自分が何者で、よって何をしたいのかという事を分かりやすく伝えるという事です。自分らしく仕事に対する考え方や姿勢を語る事が出来れば、面接官が納得しやすいでしょう。

転職の志望動機のイメージが自分の中で出来たら、転職サイトに登録をして自分を試してみるのも良いかもしれません。

有名な転職サイトが運営をする中途採用や転職・求人のウェブサイトです。豊富な情報量があります。興味がある方はまず登録をして情報収集に使ってみる事をおすすめします。きっと、自分の人生の選択肢が広がりますよ。

a0001_013655

≪転職サイト@type≫

「ビジネスパーソン&エンジニアのためのキャリア転職サイト」

なかなか自分では、自分の適職って分からないこともあります。
適職を見つけるための独自サービスがあるのが特徴です。
また、キャリアアップのために転職を考えているなら、市場価値も診断してくれます。
客観的にも自分の転職のアピールポイントが分かるので助かる転職サービス。
まずは無料会員登録をして、転職活動を開始してみましょう。

関連記事

Translate »