Dec 2, 2016

ブライトトーンの効果で心理面からインテリアのコーディネイトを考える方法とは?!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



カーテンやラグの選び方は、人それぞれですが、けっこう難しくて吟味してしまうものです。ひとりでホームセンターやカーテンショップに買いに行っても相当悩みますが、夫婦や親子で購入に行っても、それぞれの意見が分かれるところです。
そんな時には、個人の趣味は置いておいて、部屋のバランスや心理に与えるカラーコーディネイトを頭の片隅に入れて選ぶと良いです。
カーテンやラグの選び方で、家族と喧嘩になってしまっても困ります。もし選ぶ最中に喧嘩になりそうになったら、以下の考え方を説明してみると良いかも知れませんね。

takebe160224090i9a0398_tp_v

確かに、色の好みは人それぞれです。ですからカーテンやラグの色も何が良いとは一概には言えない、そんなものは人によってまちまちだと言う人が大半だと思いますが、ただ個性を反映するだけでは無いのが、お部屋で大きな面積を占めるカーテンやラグの色というものです。

シックであったり素朴であったり、派手なトーンも良いのかもしれませんが、私の一押しはフレッシュなブライトトーンです。

ブライトトーンは明るくてキュートな発色があります。それは、どの色にもホワイトを混ぜているからです。基本は12色のブライトトーンがあります。
特に、赤とピンクのブライトトーンは可愛い女性や子供のイメージがあります。もちろん、それ以外の年齢の方が使用しても、若々しく、清潔感があるブライトトーンは爽やかで明るい気持ちになります。そして日々の気持ちをリフレッシュしていく気持ちの切り替えに役立つでしょう。
若々しい色なので、自然と身体も気分に影響されて動きやすい感じになります。部屋のカーテンの色や柄はかなり人の心理に影響するので、ブライトトーンの効果で心理面からインテリアのコーディネイトを考えるのも良い方法ですね。
人間は活動的な気持ちを持てる環境に自分を置くと、毎日がシャキッとします。生活のメリハリをつける為にもこういう色は役立ちます。

pak85_harunootozurewomatu20150125110931_tp_v

また、ブライトトーンに限らず、自分がこれならやる気が出るようだと感じた色ならば、目的意識を毎日持つことが出来ます。このようなトーンのカーテンやラグを選ぶと気分的に向上してとても良いですよ。
例えば、原色の赤やピンクがあげられます。ウキウキして元気になるのがこの2色なのです。特に女性だと元気で可愛いとイメージアップにつながります。さらに、部屋にいても幸せな気分や愛に溢れた気分が満喫出来ます。彼氏がやって来たら、理想的な可愛い女の子の部屋だと感じてくれるはずです。

関連記事

Translate »