May 1, 2016

シワに関する調査結果!自分の顔で気になるシワはどこ?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



アラガン・ジャパン株式会社は全国の30~50代女性300名を対象に各世代それぞれ100名ずつに「シワに関する調査を実施」しました。調査方法はインターネットリサーチで、調査期間は2013年8月15日(木)~8月20日(火)に行われました。
main

こちらの調査結果では、「顔のシワ消せたらうれしい」と回答した女性が8割で80.7%に。日頃から30代~50代の女性が自分の顔のシワについて悩んでいることが判明しました。

sub1

また、自分の顔で「老けた」と感じる部位についてのアンケート調査の第3位に「顔のシワ」が入っています。さらに気になる顔のシワ第1位は「ほうれい線」で2位は「目元目尻」となっています。つまり、自分で感じる顔の部位で老けたと感じるのは、自分で鏡で見てもパッと分かってしまう「ほうれい線」と「目元目尻」が多いという結果に。つまり、女性が消したいと考えている顔のシワの部位は、ほうれい線と目元目尻ということになります。これは、肌年齢つまり見た目年齢がほうれい線や目元目尻の影響で実年齢よりも老けて見える傾向も結果では現れています。

sub2

しかも、調査結果では自分以外に友人や他人の顔が老けたと感じるポイントについてもアンケートしています。こちらでも、友人の顔でもシワが気になるとの結果に。

つまり、女性は自分の顔も他人の顔もシワで判断する傾向があるということに。

sub3

また、表情筋は「表情ジワ」となって怒ったり笑ったりする際に現れますが、シワについて悩む人は、自分の表情がシワによって変化するのではないかという背景もあります。女性雑誌でも、明るい笑顔や感じが良い表情に見えるためのメイク術などのページもあります。つまり、メイクやスキンケアによって、シワを見えにくくしたり減らすことで、自分にも同性、異性にも感じが良い若々しい表情を浮かべているように見せたい願望も浮き彫りになっています。

関連記事

Translate »