Nov 11, 2016

課金者徹底優遇!サイダーの雫には『無料プラン』と『有料プラン』の2つがあります!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。
『フリーミアム』って言葉。『俺』も、フリーミアムなんだよね。無料でもまあ、『一応』サイダーの雫の発言を参考にして商品を開発してみましたとか出来るけれども、何故か当たらない。「何でだ・・・?」過去に俺のやった事や言った事を研究して当ててる人は当ててるのに。

うん。それは、課金してないからなのです。お給料・献金・突発的な超美味しいお仕事・今までにその会社から頂いた贈り物・俺の為に打ってくれたその会社の一手などなど、の中で『認識』出来るものに対して、サイダーの雫はサービスを超優先的にするという存在なのですよ。

(極力、精度の高い認識をしようと常々努力はしてありますが、分かりにくい方に対しての見落としは人間ですので発生します。見返り重視の方はなるべく『分かりやすく』よろしくお願い致します。)

課金の仕方は、直接お問い合わせのメールアドレスにその旨伝えるか、ランサーズ経由で物凄く美味しい仕事を発注するか(僕がどの勢力に徹底支援すれば良いのか分かりやすく)、その2通りがあります。でもまあ、正直どんな方法でも良いんですけどね・・・、お金さえ貰えれば・・・。

ちなみに、僕は釣りを見抜く正確さがとても高いので、釣りには返信しません。あと『値切る』『相対的に高く』は厳禁。僕は、ウチの『月収』がいくら上がったかで課金量を判断します。例えば単発では高くても実際月収がどうなったかで判断しますので、安く使おうという考えが少しでもある人に対する僕の態度は冷たいですよ。

俺は公職では無いので、そもそも根本的にネット上の傭兵なんですよね。(どういう形でもいいから)本質的にうちの月収を上げてくれる存在には凄くサービスしますが、無課金の人に対しては・・・。えっと、正直、結構どうでもいいというか。うん。

ネトゲの無課金者と同じ扱いしか出来ないんですよね・・・。うちのサービスの無料部分を使ってもいいけど、それでどうなろうが知らん。自己責任でしょ?「サイダーの雫は以前に言った事と今言っている事が違う!」当たり前です。無課金者を優遇した発言なんか絶対にしません。俺の話した事の真意を読み取れないでサービスが失敗した。・・・課金しないからでしょ。

お金を払わない人に、俺の真意とか真の戦略とか、その人が儲かる為に言う『訳が無い』。だってそもそもが、『サイダーの雫』というものは『俺』や『うちの家庭』の為のキャラであって、『俺』や『うちの家庭』を金銭的に優遇したり支援してくれない人や組織に対しては、どうなろうが知らん。

例えば、俺が過去に発言した内容を論文にして発表した人がいます。サイダーの雫はサポートしません。何で?その人から俺に課金が無いからなのですよ。金さえ払えば、濃厚に徹底支援します!現金で判断します!現金を下さる方はお客様です、10万円100万円下さる方はVIP待遇のお客様です!金額が大きければ大きいほどサイダーの雫からの支援はVIPに!

けど、お金くれない人?無課金者?・・・通行人だね。どうでもいい。まあ、通行人に厳しい試練が訪れるのも、通行人に対して良い事なのかも知れないし。通行人が酷い目にあうのも、それは通行人にとって必要な自業自得かもしれない。まあ、日本人に限って言えば、たまたま同じ国に所属しているからたまにほんの少しは同情したりするけど、それは俺が日本国籍だからって『だけ』だね!

だから、論文が無根拠で訴えられた?うん。俺に10万でも20万でも払って、サイダーの雫公式サイトのシェイクシーンネットで認めさせれば良かったんじゃないかな?そもそもアイデアとか、現金の支払いさえあれば著作権ごと『売る』って言っているんだし。

極端な話、『法人の民主主義』の発案者をアメリカ政府が自分のところの国民にして欲しい、ただし現金は(俺に)支払う!って言ってきたら、俺は迷わず現金を取るよ。ホント、金さえ貰えれば、トランプ大統領に根こそぎ売っても良い。

名誉じゃメシ食えないんだよね。俺は宗教と仁義以外の全ての問題はカネで動かせる人間だよ。金くれれば宗教と仁義以外だったら何でも換金出来るものはカネにする。徹底しているよ!「サイダーの雫は、カネで解決する人間だ!」その通り!滅茶苦茶分かりやすくしている。だって俺はネット上の傭兵です。

「サイダーの雫はお金お金言ってるけど、本当にお金で動くのか?」はい、動きます。そう考えると、俺ほど分かりやすい人間はいない。

就職氷河期で育った俺という人間が、そういう人間で、サイダーの雫というのはビジネスにとって必要で始めたキャラクターだというのは、分かりそうなものなのだけれども。

関連記事

Translate »