Sep 25, 2016

任天堂は遠隔操作のイカ釣りゲーム作れよ。

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。本気で言ってる。イカ釣りって自動化が進んでるんだろ?なら、遠隔操作のイカ釣りゲーム作れよ任天堂。

そうすれば、飲食関連の人脈を掌握出来て、東日本と差別化が出来る。

例えば、イケスがあるとする。イケスの情報をデジタルで取得。で、イケスの中から魚介類を釣るゲームでもいいと思う。

こうする事で、日本の食糧自給率も上がるし、ゲームで釣ったリアルのイカを、リアルで食べられるっていうなかなか東日本の人間がやりたがらないアイデアも西日本なら実現出来る。

っていうかさあ?4Kテレビで・・・。そもそも自宅にリアルタイムで水槽とかイケスの内容を配信出来るんだったら、それをゲームにしたらって前に書いたのに・・・。

何でスマートシティの一部としての任天堂NXにこだわるんだ?任天堂は。分かんねえ。マジ分からん。そもそも、スマートシティは東日本も狙ってるんだから、必然的に競争になるだろう。グラフィックとかハード面は圧倒的に東日本が強いんだから、激戦になるっていうの、分かってる上でやろうとしてたのかな?

あー、ごめん、つい、悪口になってしまった・・・。

関西はそもそも食や文化が強いんだから・・・。例えば!和紙?職人不足だろ?ゲームにすれば?自分でゲームで遠隔操作をして作った和紙が、自分ちに届いたら、素敵じゃないか。

っていうかさあ!そもそも任天堂は、ああいうモーションキャプチャーみたいなWiiリモコンなんか作るぐらいなんだから・・・。

そうだなー。西陣織ゲームとか作れ!遠隔操作で織物が出来ますとか。

ただ、あーそうか、機械の問題があるか。任天堂NX・・・。

オレなら・・・芸人をポケモントレーナーにするな。

(例えば関西芸人がロケット団の団員とかやったら面白いだろ普通に?)

それ以上は、カネ貰ってる訳じゃないからわざわざ考えないけど、そもそも東は落語、西は漫才文化だろう?

なら、オモシロい漫才をする芸人のネタを新たに任天堂の新コンテンツとして打ち出す。世界展開する時には、そうだなあ、世界の面白い話が出来るアーティストと組んでやるな。

前に、関西人世界一決定戦やったら面白いかもって言ったのもあるけど・・・。

それだけの任天堂のブランド力があるんなら、関西人の人間力を使ったゲームをもっと作るべきでは?(意外と国際的な意見ですよ。)

まあ思いつく事をさらっと書いてみた・・・。

関連記事

Translate »