Sep 12, 2016

通常の結婚の他に『通い婚』を国が認めて法制度化すれば?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。
えー、子供が増えない?なら、究極、ツイッターで完結するようなゆるーい『通い婚』を普通の結婚とは別に法制度化すればいいんじゃん?

まず、日本国民は、2種類の結婚が1回づつ出来るようにすれば良いのです。

結婚その1 通常の結婚。

結婚その2 通い婚。

通い婚の特徴。夫婦の同居義務無し。会う時だけ夫婦。子供を育てる義務もほぼ無し。

うーん、例えば・・・。
男性Aさんは普通の結婚をしていますが、女性Bさんと、『通い婚』もする事にしました。男性Aさんは元々結婚している妻とそのまんまの生活。週に1回、友達の家に遊びに行く感覚で、通い婚相手の女性Bさんの家に行きます。

はい、女性Bさんに子供が出来ました!でも、男性Aさんには子供の扶養義務はありません。女性Bさんにもほぼ子供の扶養義務はありません。

女性Bさんは、通い婚SNSに参加しています。みんな、子供を持っています。保育園が足りません。どうするか?『SNS』でアパートの一室を借ります。国がアパートの賃料は出してくれます。そこのアパートは国からの職員が一人来て、3交代制24時間体制で子供を見るだけ(最低限)見てくれます。また、SNSの中のヒマな女子が、何となく子育てしたい気分の時にそのアパートに行って、沢山の子供に教育をします。

つまり、女性Bさんの生活は。子供24時間預けっぱなしで、普段と変わらず仕事に行って、帰ってきて、飲んで、寝て、たまに仕事が休みの日に、自分の子供を預けているアパートに行って子供と話したり子供たちに自分が出来る教育をしたりして、好きな生活をしています。

夜寝る時だけ子供をつれて帰って、通い婚SNSのアパートに出勤の時に連れて行って後は完全にお任せでもOK。もう、これでいいんじゃない?それで、通い婚の親が子供に対してほぼ責任は取らなくて良いようにしちゃえば。

っていうか、そもそも、古代日本の結婚のあり方って、現代日本とは全く違ったんでしょ?何で現代日本は不自然な結婚のあり方ばかり法制度化している訳なのか、さっぱり理解不能。

そもそも、きちんとした結婚と、ゆるくて親がほぼ義務を持たない通い婚と、2種類を1回づつ出来るようにしちゃえばいいじゃん?

っていうか、大河ドラマの真田丸見てて思うんだけど、現代よりある意味自由じゃない?真田信之は稲姫の子供で百助がいて、おこうの子供で仙千代がいるんでしょ?つまり、稲姫とは現代の結婚みたいなカンジで、おこうさんとは『通い婚』みたいなカンジだったってことじゃん?

このモデルをそのまんま法制度化しちゃえばいーんだよ!(笑)普通の結婚をする女子は別に増えなくてもいいから、要は戸籍上親のいる、集団の中で育てられたという意味でコミュニケーション能力の高い子供だけ増やせば解決するんだよね?なら、『通い婚』を法制度化しちゃえばー?

(っていうか、休日に誰かの親が来て自分の得意分野を沢山の子供に教育するこのやり方って、滅茶苦茶効率良いし、世の中も良くならない?)

何か、俺が爺さんになった時に、少子化が激しくて子供の姿を全然見ないとかそういう状況になったら、結構悲しい気がするので書いてみました。

追記。今回の話は、時流に乗って調子に乗った僕の間違いでした。
間違えました。つい、真田丸ネタで、時流に乗って調子の良い事を言ってしまいました!
たまに、話の調子で、本来意図していない間違いをしてしまう時もあります。本当に申し訳ございません。

関連記事

Translate »