Apr 17, 2016

家を売るタイミングと売りたい理由

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



家を売る理由は子供が巣立つ時


家を売る時って、一体いつだと思いますか?
それは・・・人生の転機が訪れた時です。

そして、家を売る年代で多いのが、40代以上で50代中心の世代です。
もちろん、60代以上も家を売る人はいます。

ただ、40代から50代の家を売る理由を限っていえば・・・
これは・・・つまり!
子供が大きくなって、大学に入る、もしくは高校を卒業して就職する時期になります。

a0027_002859_m

子供が遠くの大学に入学したので、夫婦揃って都内や地方都市から郊外へ引っ越す。
もしくは、その逆で閑静な住宅街から夫婦が仕事をする都内や地方都市へ引っ越す。
子供が就職した場合も同じで、子供の就職先が遠く一人暮らしをするので、夫婦二人なら、もっと違う生活を送りたいので引っ越す。
そのために、まずは・・・長年住み慣れた家を売ることが先決します!

だいたい子供がいる家庭の場合は、一軒家に住んでいます。
しかし、子供が大きくなり自宅から出ると、一軒家に住み続ける理由が減ります。
そうすると・・・もう一度、夫婦だけで新しい生活を別の場所で始めたいと考えるようになります。

しかし・・・!
長年住み慣れた家を売って引っ越すのは、誰でも不安です。
でも・・・・!新しい土地に引っ越すのは、夢も希望にも溢れます。

子供も巣立ったので、ここで一度・・・
人生の真ん中で、夫婦で新たな人生を始めてみましょう!!

家を売るタイミングとは


a0960_004868_m

家を売るタイミングは、住んでいる地域の土地価格や住んでいる家の建物価格が高い時が良いに決まっていると考える人は多いでしょう。
しかし、土地が高いとか家の価格が高いとかいうのは、毎年相場が変動します。

それに・・・素人が不動産売却をしたくて、不動産屋と交渉するのなんて、ハッキリいって無謀ともいえます。
相手は、不動産のプロなので、自分が希望する価格に無理にすることなんて、できません。

さらに、自分で不動産屋巡りをしていると、なんだか疲れてしまってどうでもよくなってあきらめてしまいます。

すると、家を売るタイミングを逃してしまいます。
夢に描いた人生も変わる転機を失います。
ビジネスチャンスも逃し、夫婦の希望に満ちた生活も終わってしまいます。
40代からのちの人生を、老後になっても快適に過ごせる場所に引っ越そうと考えていたことが無になります。

しかし!
不動産査定、不動産売却という分野は、不動産一括査定サイトを利用すればよいのです。
きちんとした相場も分かり、査定も複数社から届きます。
これで、きちんとした比較もできて、自分が疲れることもありません。

関連記事

Translate »