Sep 1, 2016

ふりーむ!どうせだったら『句会』も出来るノベル製作ツールリリースさせろよ!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。冗談記事です。

あのさー、なにこれ?面白い事考えるじゃん。

確かに、かがあきはノベルっぽいし、まあ、確かにそれでコンテンツマーケティングか~。面白いね!いいね(ぽちっ)

あのさあ、そこにクラウド技術ぶっこんで、『句会』も出来るようにしろよ!ノベルゲーム同士の句会みたいな?

分かるかなー?みんなが違う小説なんだけれども、みんなそれぞれ、コンセプトとか主張とか、利害関係とか色々持ってるじゃん!

ならさー、いっそ、クラウドでそれら繋げて『句会』にしちゃえよ!・・・というのは、思いつきです!成功する保証はこのアイデアについては一切しないけど(だって思い付きで半分冗談で言ってるしー)。

そうすればさー、ちっちゃなムーブメントでも、数集めればウェーブじゃーん?ならさー、そうだなー、コラボレーションじゃなくって、クラウドでのツイッター的繋がり『句会』?

いっそ、それこそあの会社に出したアイデアの応用じゃないけど、ティラノビルダーでリリースするノベルに対し、タグで区切られた句を詠ませて・・・。

で、効率的に『タグ』を製作者から集めて、タグとタグで、ノベルとノベルをつなげちゃうっていうのは?

タグで恋の短歌作って効率的にユーザーから情報収集しちゃえ!っていうのは俺の(お見合い系サイト向け)アイデアだけれど、それ、使っていいよ?そうだなー、ふりーむ!の関連業者1つ(好きに選んでいい)に、使う権利あげるよ。うん、これなら、誰にも文句言われずに好きに出来るでしょ?

あ、ただ、使用権ね?著作権っぽいのの部分はあげないけど、使用権を「あげた」ってブログで明記したって事は、その権利はあげたものであり、俺の気分が今後どうなろうと俺が勝手に侵害出来るモノでは無いから。

ふりーむ!頑張ってね~♪じゃ。

注:使用権あげたの部分は冗談では無いです。

関連記事

Translate »