Apr 25, 2016

引越し後に必要なものを買い足さないようにする為には、引越し前の入念な身の回りのチェックが必須です

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



じっくりとチェックする事で、引越し料金が変わる事もあります


引越し料金を少しでも安くするコツとは、忘れてしまいそうな部分や当たり前の部分にスポットをあてて考えることです。

a0001_017629

引越しとは当然荷物の量が多いつまり重たいと高くなります。
それを減らすには、引越しが決まったら、一度自分の家や部屋をひとつひとつじっくりと見て回ることです。

もっと安く、荷物を減らす方法はないだろうかと考えた時に、普通だと家電や家具を減らすことは検討しません。
結局、全部を持って行くことにして、高額の引越し料金になってしまうのが、普通のパターンです。

しかし、家電は繊細な電化製品なので、輸送の最中の揺れや運ぶ時の人の手によって壊れることも覚悟しないといけません。

家電付きアパートに引っ越すという選択肢もあります


それに、今では家電付きのアパートがあります。
引越しが急に決まったら、全国に広がるレオパレスのような家電付きのアパートに入居を決めるのも手です。

a0006_002425

家電が付いていれば、何も高い料金を払ってまで家電を引越しで移動することもないので、壊れるデメリットも減ります。
さらにネットでは、いらない家電や家具を買い取ってくれるサービスもあります。

家具付きのアパートは余りありませんが、レオパレスではクローゼットや棚が付いている物件もあります。
テーブルや椅子も揃っている物件もあります。

余程の衣装を持っている人でないのなら、クローゼットやウォークインクローゼットで足りるかも知れません。

要るものだけ後から買う理想の引越しを目指しましょう


このようにすると、引越し料金はとても安くなります。
数万円単位で減ることでしょう。

そして、新しいアパートに備え付けられていない家具や家電だけ購入するか、引越しで持っていけば良いのです。

また、新しいアパートがIHならばガスはいりません。
実は、ガス業者にガスコンロと言うのは引き取ってもらうことが出来ます。

これらの全てを売った費用が引越し料金の足しになることもあります。
特に、引越しはどこにお金が掛かるか分からない程にお金が出て行きます。
売れる物は売って、持って行かなくても良い物はやめておくのも大事な決意です。

a1180_002658

さらに、エアコンや照明は元の大家さんや不動産屋に引き取りを依頼してみます。
もしかしたら、撤退費用と差し引いてくれることもあります。
賃貸も備え付けがある方が有利になることがあるので、交渉に応じてくれることがあります。

また、エアコンを取り外し・取り付けをしてくれる引越しサービスもあります。

そういう事を総合的に判断する為には、まず引越しの見積りをしてみることが一番大切です。

関連記事

Translate »