Aug 24, 2016

黒幕は僕の父親の可能性が高い。

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。
結論から先に言う。俺は、敵が誰であろうと討つ。独自調査の結果、僕の父親が散々ウチに違法行為をはたらいてきた某ブランド買取業者の黒幕として暗躍している可能性がかなり高い事が分かった。

僕の父親は公共事業関連の受注をしている。あと、法律系の国家資格保持者だ。事実が判明し、犯人だという確証が持てたら、僕に確認を取らずに奴の収入源を断ち切って、関東の敵にしてしまって下さい。よろしくお願いします。

僕の父親は、僕のやる事を昔からよく調査していた。そして、過去、僕の生活圏に対する攻撃を仕掛けてきている。

過去に何もしていない親ならば攻撃はしない。が、こちらを金銭面で利用しようとしていた事実が余りにも多いし、こちらに実害を被らせるような行動も取っているので、僕に戦いを仕掛けてくるなら、やむをえない。そういう場合、是非討って頂きたい。

まず、僕の父親の全情報は、勝手に共有して頂いて全く問題はありません。また、僕の弟が少しでも(父に)協力してくるようであれば、弟も討って頂きたいです。妹も同様に扱って下さい。

あともう1つ。僕の父親が本当の父であるかどうか調べて下さい。別に、実の父だろうが義理の父だろうが、僕に攻撃した黒幕ならば『敵は敵』で全く何の問題も無いんですが、もし敵だという事実がアガったら攻撃材料の1つとして使えるという事です。

もし僕の父や弟、妹を壊滅して問題無しという判断に至った場合、『彼らの商売のシェア』は、彼らを壊滅した勢力の方々で分配して下さって全く問題はありません。

ただ、妹に関しては、もしかかわっていたとしたら、父に騙されている可能性が高いです。でも、今回のウチへの違法行為に関与していたとしたら、情状酌量は基本的には要りません。
(*完全に妹に非が無い状態で騙されていたならば、その場合に限り妹は悪くは無いです。)

僕の考え方として、血縁が有ろうが無かろうが、ウチに違法に攻め込んできたら『敵は敵』なので、容赦は一切しないで下さい。

自分の身内をこんな風に言うのもアレですが、人を利用するのが上手い連中なので気を付けてかかってください。

ちなみに父は大阪出身なので、『手段を選ばないで嫌われる人間』という目で見て下さい。あと、法律を使うのがウマいですが、実力行使には弱いので、攻撃する時には地元の人間を使いましょう。すぐ折れます。

僕の父は那須で宿泊業を営んでいたので、那須かその近辺にもしかすると父の女がいる可能性もあります。もし攻撃をするならば、本拠地と女がいたら女の拠点と両方を同時攻撃すると良いかと思います。

そうしたら父は大阪に多分逃げ込みます。ただ、性格的に、逃げ込んだ先で僕の父の親族を騙して頼って力を蓄えてまたどうせ関東で勢力展開をしようとします。必ず、追撃をしましょう。

その追撃をする時には、父の関東で築いた商売のシェアを根こそぎ取る気でやりましょう。取ったら僕の取り分は要らないのですから、かなりのメリットはあるかと思います。

あと父は、世の中は法律と常識で解決すると思い込んでいます。逆に言うとそういう手しか打てません。

父はこのブログも見ていますが、全く何の問題もありません。

なるほど、栃木の黒幕が粘るなあと思ったら・・・こんな情報がアガってくるとは・・・。人生は面白いですね(笑)

父は、確か宇都宮~那須圏の不動産とか宿泊の業者からも恨まれていたと思います。その事実も、使えたら使って下さい。

以上です、関東の企業様とは、喧嘩も色々しましたが、これからも僕は関東地域の為に頑張ります。

また、那須は僕が20年程生活をした地域でもあります。その那須に対し、僕の父親が地域住民様に私欲の為に恨まれる事をしたというような情報も以前に聞いた事があります。宇都宮の不動産関係の企業様にも色々とご迷惑をおかけしたという話も聞いております。

これ以上、僕の父が僕の血縁の名誉を汚すのであれば、僕としては関東地方で商売をさせて頂いている一員として、決して放置は出来ません。

那須にお住まいの地域住民の方々や、宇都宮にお住まいの方々の平穏を父が破る存在であるのならば、父には今までしてきた事の『全責任』を取って頂くべきだと、声を大にして発言させて頂きます。

関東の企業様方、お仕事がお忙しい中、時間をさいていつもうちにお味方して頂き、ありがとうございます。これからもどうか、よろしくお願い致します。

まあ、またケンカする事もあるかもしれませんが、ケンカはあくまでケンカですので・・・。ただのケンカでお互い、命までは取ろうとは思わないじゃないですか!

ただ、今回の一連の出来事でうちが受けた攻撃は、だれの目から見ても明らかに違います。昔で言えば宣戦布告をされた訳です。

うちは完全に被害者なので、総力で応戦をしています。戦いは嫌いですが、仕方無いです!討つべきものを討って、早く平和にビジネスしましょう!

関連記事

Translate »