Apr 25, 2016

引越しの時にお金がかからない事も考えて、『今』不要なモノはすぐ処分する日頃の心がけが大切だと思います

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



モノの処分が出来ない性格だと、色々な場面でお金がかかります


モノが多すぎてゴミ屋敷のようになってしまう人もいます。つまり、それはモノを捨てられないという事です。

モノに愛着があり過ぎるのか、捨てる事を躊躇してしまうのかという事ですが、要は今使わないモノを処分する事が出来ないという事です。

a1180_001167

引越しをしないのであればモノを捨てなくてもよさそうなものですが、引越しをするのであればモノが多いとお金が多分にかかってしまいます。

そうならない為に、タイマーで5分を計測して、モノを捨てる作業をしてみるというのは良い方法です。

また、洋服は洋服を大量に安く買ってくれる古着屋さんに持っていくのが良いでしょう。

モノに執着する性格から、諦めて捨てる性格に変えるのがおすすめです


雑多なものから家具まで、家の中のモノと言えば沢山ありますが、もう捨てなければどうしようもないと諦めてしまうのが一番ではないでしょうか。

整理整頓のコツは捨てることにあると考えている人もいます。

家の中をすっきりと楽に暮らすのに必要なのは、その時必要なものだけ家の中においておくという考え方です。

a1180_014906

その時に必要でないものは、将来も要りません。将来必要になった時にわざわざ探さなければならない事を考えると、モノとさようならをする勇気も出てくるはずです。

モノを処分するだけで、家の中が変わりますし、自分の人生も変わってきます。交友関係に変化もあります。

ですから、将来的な引越しを見据えてもそうでなくてもモノを捨てるという事に意義はあります。

意外とモノの用途は限定的な事が多いので、要ると思うモノは大抵使いません


引越しの時に大きなお金がかかってしまう事を考えると、最小限に自分の荷物をとどめておくのがベターでしょう。

特に引越しの時には、ほかの地域で使えない家電や、絶対に他の地域で使う機会が無いようなものが意外とたくさん出てきます。

例えば雷のひどい地域ではUPS(無停電電源装置)が要りますが、雷とほぼ縁のない地域というものもあります。そういう場合はUPSは不要と言えます。

引越しの多い人生の人も、そうでない人もいますが、共通して言えるのはいつでも引越しが出来るくらいのモノの量にとどめる努力をしておけば、それだけで人生が良くなるという事です。

a0001_015911

そういう意味で、引越しを少しでも考える人は、どのくらいの量の荷物を残せば良いのかという目安で引越し業者の見積もり比較をしてみると良いでしょう。

特にオススメなのが、一括引越し見積もりサービスです。

比較する資料が手元に沢山あると、安心感があります。もし興味がありましたら、見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Translate »