Apr 25, 2016

引越しの値引きは閑散期を狙ってするポイントとは?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



引越しは安くしたいと大抵引越しをする人は思うはずです。何故なら、これから他の物を買ったりする機会が引越しには多いので、少しでも出費を減らしたい為です。

さて、そんな時に引越しは対営業マンと話し合うと言う機会がある為に、引越しの値引き交渉をしたいと考えるのは、自然な流れになります。

ただし、これを実行するかどうかは、本人の気持ち次第です。「なんとなく、値引き交渉なんてはずかしい・・」「言ってはみたいけど、一体何を値引き交渉したら良いのか分からない」そんな人も多いことだと思います。

さて、引越しでは、一体何をどのようにして値切るのが良い方法なのでしょうか?

a0001_015870

引越しには、内訳料金と言うのがあるのをご存じでしょうか。例えば、トラック代・ガソリン代・人件費・段ボール代金です。

また、トラック代は繁忙期と閑散期では値段が違います。人件費も忙しい時期や人が出勤したがらない時間帯での引越しになると、どうしても割高になります。

その反面、閑散期になると、トラック代と人件費が安くなる傾向にはなっています。仕事がない時期と言うのは、営業面にも影響します。

繁忙期では高額にさせられる感じで押しが強い営業マンも、閑散期になると、どうしても当社で引越しをさせて下さい・・・と言うような低姿勢になってきます。

a0003_001921

この時に、値引きの交渉のチャンスが発生します。さらに、具体的にどうすれば値引きになるのか、ポイントを並べます。

・閑散期を狙って引越しの予定をたてる
・平日に引越しをする
・引越しは15日までに行う

これだけでもかなり違います。さて、他には現在のアパートの契約を15日までにして、当日に引越します。こうすれば、家賃が半額になるケースがあります。

これで何が安くなるのかと言うと、普通は月末まで家賃契約をするので、引越しが月末に集中してしまう傾向があります。すると月末は忙しい時期になるので、料金が高くなってしまうと言う訳です。

他にもネットで安い引越しサイトもありますので、まずは一括見積もりをしてみるのも手だと思います。

関連記事

Translate »