Apr 25, 2016

【引越し】は安い時期があるって本当?!閑散期を利用してみる!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



転勤・進学で引越しをするケースではなく、自分の気分で引越しを考えるケースでは、繁忙期は避けて、逆に閑散期にすることをおススメします。

閑散期を利用すれば、アパートの契約等もダブらないように上手く調整出来ます。今住んでいるアパートと引越し先のアパートの契約も、繁忙期だと、どちらもダブって契約をしないといけないことがあります。

a0055_000393

しかし、閑散期を利用すれば、今住んでいる場所の契約が切れるぎりぎりの日付で、新居の契約をすれば良いので、1ヶ月とか半月のダブって家賃を払う期間を防止出来ます。

引越しの料金が安い時期の閑散期に狙いをつけて、それに合わせて引越しの見積もりを提出してもらって、数社の価格を比較検討してみます。

繁忙期だといつ引越しになるのか分からないので、家賃のダブリ費用も発生することがありますが、閑散期なら、今の住まいに実際に住む日付までの料金を支払い、新しいアパートの契約は引越しの荷物が到着する日でも大丈夫です。具体的には、今日の午後に引越しで、明日の昼には荷物が到着することも出来ます。

a0001_015894

これなら余計な費用が掛かりませんが、引越しが込み合っている時期だと、一体いつ引越し出来るか分からないのです。また、家賃もいつまで今の住処の分を払えば良いのか不明になるので、困ってしまいます。
ちなみに、家賃ですが、こちらも繁忙期と閑散期では契約の金額も変わりますので、引越しシーズンは避ける方が無難かも知れません。

引越し費用を少しでも安くする為に、日頃からいつ引越しても良いように、準備して行くのも良いですね。

『引越し見積もりサービス』

ネットで閑散期を調べるのには、一括見積サイトでいろいろな時期を指定して、見積もり依頼をしてみる方法もあります。

関連記事

Translate »