Apr 25, 2016

【引越し見積もり】繁忙期の引越しは割高料金!少しでも安く!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



3月や4月は引越しシーズンとなります。それは、転勤や進学があって、住む場所が変わる時期だからです。また、9月も同じように移動がある時期です。こちらも転勤、または大学のキャンパスが秋から変わることがあるからです。

このように、1年の間でも引越しの件数が多くなる傾向がある月があります。

a0001_015918

業者ごとに料金には微妙な違いもありますが、引越しが多い時期は割高料金になる傾向もあります。

それでは、引越し料金が高い時期と安い時期、通常の時期との金額差はどの位なのかと言うと、これも各社違いますが、1万円~4万円程の差があるようです。

これは、荷物が重い・単身・ファミリー・土日・午前か午後と言うように時間帯によっても差が出ます。

しかし、この金額差はかなり大きいですよね。引越しって、他にもたくさんお金が掛かるので、出来れば+4万とかはやめて欲しいと思ってしまいます。

節約が出来るなら、出来るだけ安くしたいと考えてしまいますよね。

a1180_014607

しかし、どうしても必要な引越しのケースの場合、転勤・進学の場合は、高い金額でも引越しが出来ると言うことで、半分は高いのをあきらめる必要もあります。

そうしないと、引越しの荷物を預かってもらっても、引越しセンターで配送まで2週間程荷物を預かって人手がある時に引越しなんてケースもあるからです。

つまり、繁忙期の場合は引越しを割り込ませることだけでもかなり大変なので、多少金額が多くなっても、納得するしかないようです。

どういうことなのかと言うと、引越しの場合は、予定を組んでいても、天候の悪化や人手不足、道路渋滞、前の人の引越しが遅くなった等で、時間や日付が予定と変わってしまうこともあるからです。

そんな時に、引越し当日にアパートの契約が切れると、もし予定通りに引越しが出来なったら、住む家や荷物の置き場に困ってしまいます。

a0055_000394

アパートは明日から違う人が住む予定になっているかも知れないので、引越しの場合は、今住んでいる家は、引越しの2週間位先まで契約をしている方が無難です。

また、新居の契約は引越しの数日前からの契約の方が良いでしょう。その方が、自分が新幹線に乗って現地に到着する方が、荷物よりも先になるからです。そして、ガスや電気の契約や業者が訪れる対応が出来るからです。

しかし、実際に半月の家賃をダブルだけでも大変です。繁忙期なら1ヶ月も前からダブって家賃を支払うことがあります。

このようなことがないようにする為には、引越し一括見積サイトでどこの業者が一番安く、早いのか確かめる必要があります。

関連記事

Translate »