Apr 5, 2016

就職活動スーツの色は黒が面接官へのおもてなしの心を表現する!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



就職活動スーツの色は黒が面接官へのおもてなしの心を表現する!


就職活動をする上で、着るスーツによって印象が変わってしまいます。だから、定番と言われても、奇抜さを狙うよりは、やはりスーツは黒できっちりしている方が良いです。

黒でキメていれば、外してしまうことはないです。ただ、奇抜な方が目立つから印象に残ると思ったら、失敗します。もちろん、チャレンジャー精神を受け取ってくれる担当者もいるかも知れませんが、大抵は話題になるだけで、実際に採用してくれるかは疑問です。

逆に変に目立つと、入社後にも「あいつは、態度がデカくなりそうだ・・・」とか思われてしまいそうです。「今のうちに切っておくか・・・」なんて心の中で呟かれたら、もうおしまいです。

a0001_009343

ただし、同じ黒でも、デザインやすっきり見た目を見せるシルエットで、他の人よりもスマートな印象には出来ます。皆が黒だから、良い印象として残りたいのなら「何だか、分からないけれど・・・こいつはセンスが良さそうだ」「何か、優秀な雰囲気が漂っている気がする・・・」そんなことを心の中で呟かれたいです。

a0002_007180

これは、同じ黒のスーツでもセンスの差が出るのだと思います。黒だから、何でも同じ・・・なんて考えないで、じっくりと良い物を選んでいるのです。つまり、センスもそうですが、同じ服にもこだわりと、相手への真摯な気持ちがそうさせているのです。これは、学生でも言えることですが、同じ制服を着ていても、まったく人によって違う印象があります。それと、同じことで、面接スーツには特に面接官へのおもてなしの心を込めて選んで欲しいです。

関連記事

Translate »