Apr 5, 2016

転職で履歴書の志望動機を書く時には、プロとして自分が会社に必要とされる『決定的な理由』を書きましょう

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



ストレートにお金の為に働くのが、普通の社会人です。


転職で履歴書の志望動機を書く時に、よく「どうしてこの会社で働きたいのか」という事が重要だと言われます。会社に入る為には何故その会社で働きたいのかを企業側が聞く事は当然で、それにちゃんと答える為に、志望動機を考えておかなければならないという事です。しかし、「何故、その会社で働きたいのか」という答えは社会人ならばたった1つしかありません、『お金』です。何故ならば、本当に自分がやりたい事ならば、束縛されないアマチュアとしてする筈だからです。

a0003_1

仕事をするという事は、プロになるという事です。どうしてもお金を稼ぐ為にしなければならない事をなるべく自分の好きな事にしようという考えで就職試験に臨んでも、落ちます。また、合格してもそういった考えで会社を続けられる人はごく僅かでしょう。プロになるという事は、常に勝ち続けるという事です。ビジネスの世界では勝者にならなければお金は貰えません。会社は、「何故、うちの会社で働きたいのか」という質問を実はしてません。会社が本当に聞きたい事は、「うちの会社にあなたが入社して、うちの会社の勝因にあなたはなるのか」という事です。

どうして自分は会社に必要なのかを、志望動機で自信を持って書いてみましょう!


ですから、履歴書で志望動機を書く時に会社に入りたい理由を考えるのは、間違っています。会社の就職試験を受ける人は皆それなりに自分が入社をしたい理由を持っています。履歴書の志望動機で書くべきなのは、何故、自分が会社に必要な人材なのかという明確な答えです。

a0003_001808

会社というものは、組織です。そして、今の時代は不景気だと言われています。では、不景気の時代に組織が必要とする人材はどういった人でしょうか。そう聞かれた時に、「仕事が出来て、周囲と協調性のある人です」と答える人は多いと思います。しかし現実、そういう人がリストラ対象になってしまったり、会社の中でハラスメントを受けたりしています。何故でしょうか、悪いのは社会でしょうか、社会のせいにするのはとても簡単で皆がやりたい事ですが、社会を批評するのはあくまでも批評家の仕事であってビジネスマンの仕事ではありません。ビジネスマンの仕事は何かと言うと、お金を稼ぐ事です。

つまり、不景気の時代に会社が求めているのは、仕事の出来る人ではありません。協調性のある人でもありません。お金を稼げる人、ビジネスで勝利を掴める人です。ですから、履歴書の志望動機には「私は、お金を稼げる人物です」という内容を書かなければならないのです。

会社が欲しがる好奇心旺盛な人材とは、色々な事に謙虚な人物の事です


会社の面接官は、「私は御社の業界に興味があり、こういう分野で活躍をしたいです」という自己アピールを求めてはいません。その業界以外にも色々な事に謙虚に学びの姿勢を見せるような『好奇心旺盛な』人物を求めています。社会人であれば、皆、お金を稼ぎたいのです、ならば本当に自分が思っている事を口にしましょう、自分は入社してこういう興味を活かしてお金を稼ぎたいです、と。

a0002_011034

履歴書の志望動機は、テンプレートとしてインターネット上に様々なものがあります。しかし、そういった採用されやすいと言われる志望動機のテンプレートを使って書いても、本当に採用される人はごく僅かです。よく考えましょう。転職で履歴書の志望動機を自分が書く意味を。つまり、自分がその会社に入って仕事をしてみて楽しいと思えるような志望動機を書くのが良いという事です。

キャリアコンサルタントに相談する事で、自分自身の志望動機がより明確になる事もあります


しかし、もう少し自分探しをして自分が納得できるような志望動機を書きたいという方もいる筈です。

a0002_007128

キャリアコンサルタントの親切な人間味あふれるサポートを受ける事が出来ます。という事は、なかなか自分が仕事をして充実感を得られるようなイメージが出来ないような人であっても、どう勤務をしていけば会社の業務を続けていく事が出来るのか、イメージ出来るようにサポートしてくれる環境があるという事です。

マイナビエージェント

・独占求人有
・業界最大規模の求人数
・利用者の満足度96.4%
・関東圏・関西圏約1万8000件

こちらの転職支援サービスでは、専任のキャリアコンサルタントが業界のことを熟知しています。
なかなか、情報が少ない時に、自分のキャリアはイメージ出来ません。しかし、この文章を読んでいる方は全て社会に必要とされています、ですから、自信を持ってまずはマイナビエージェントのキャリアコンサルタントに自分自身の将来に対する考えも含めて、話を聞いて貰ってみてはいかがでしょうか。色々な意味で良い結果に繋がるかもしれません。

関連記事

Translate »