Apr 5, 2016

就活と転職の最大の違いは、『可能性』を評価されるか、『完全実力主義』で見られるかです

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



新卒採用には大きなメリットがあります


就活と転職は、違います。何故ならば、中途採用というものは不定期だからです。高校や大学を卒業すると新卒として社会人になります、しかし、社会人になってから別の会社で働こうと思って転職活動をすると、新卒採用のように有利な条件では扱われません。何故ならば、新卒採用はいわば職歴が『白紙』の状態の人に企業が1から教育をし、会社の考え方に染まるようにしていきます。つまり、新卒採用は『戦力』として評価をされるのでは無く、『可能性』を企業から見られるという大きなメリットがある訳です。

一方、中途採用は労働市場において、実力でしか企業側から見られる事はありません。つまり、完全実力主義の中でどう勝ち残るかという課題が目の前に突き付けられるのです。自分が労働市場でどう『売れる』のかを見るのは、あくまでも自分の目線です。現実は違います、完全に客観的に評価されるしか無いのです。

a0003_001816

中途採用は自己実現の為の良い手段ですが、厳しいです


そういった意味で、中途採用は自己実現が出来る良い手段としてプラスに捉える事も出来ますが、社会という現実を目の当たりにするというマイナス面もあります。社会は厳しいけれどもそれを努力で乗り越えられると考えている人は多いですが、努力で乗り越えられない現実という壁が幾重にも立ちはだかっているからこそ社会は厳しいと言われる訳です。

ですから、容易な気持ちで転職を考えてしまうと、就活以上の壁を乗り越えられるだけのモチベーションが足りずに本当に苦労をしてしまう事になります。今の会社にいるだけで本当はスキルアップが出来た筈なのに、転職をする事でその道すら閉ざしてしまう事になるかもしれないのです。

a0002_002153

まず有名な派遣会社で、業界経験を積むのも良いのかもしれません


そうは言っても、転職してみたいという気持ちは止める事が出来ないのかもしれません。そういう時には、派遣でその業界の体験をしてみる事をおすすめします。

派遣は就職や正社員への転職と違い、チャレンジしやすいと思います。まず、派遣のウェブサイトに登録をして、自分のいる地域の派遣求人情報を探してみてはいかがでしょうか。

きっと、派遣で色々な職業の経験を積んでいくうちに、本当にどの職業に転職すべきなのか、自分なりに見えてくると思います。

人間、チャレンジです、まずはその業界に挑戦をしてみなければ、その業界の事は何も分からないかと思います。

関連記事

Translate »