Apr 5, 2016

就活や転職は、会社の仕事を『自分の仕事』として捉える気持ちを志望動機にしてアピールしましょう

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



毎日働く内容をどうするのかを考えて、就活や転職をしましょう


就活や転職をする時に悩むのが、これから自分が就業すべき職業に対する興味や関心です。例えば、高校卒業から社会人になるまで、ほとんど仕事はしていたとしても経験してきた業種がばらばらですと、自分は仕事を通じて社会でどう活躍をすれば良いのか分からなくなってしまいます。

社会人はほぼ毎日働きます、その、毎日働く内容をどういったものにするかで、日々の満足感や達成感が全く違ってきます。近頃は働き過ぎによる過労や職場のストレスが問題となっていますが、では、どの業種でどういった雰囲気の会社ならば仕事を続けることが出来るのかという事がポイントです。

a0003_2

仕事はあくまでも人の役に立ってお金を貰うというのが基本です


仕事の楽しさは遊びの楽しさとは異なり、誰かの役に立つ事で対価を貰うという楽しさです。つまり、『お金を儲ける事』の楽しさで自分を満たしていくという事になります。しかし、お金を儲ける事は難しく、なかなか人並み以上に稼ぐ事は大変です。問題は、社会や仕事といった現実の厳しさに直面した時に、それを自分がどう乗り越えられるかです。

就職の面接では志望動機を聞かれますが、その最大の理由は「あなたはうちの会社に来て、何をしようとしているのか」という事でしょう。要は、社会の厳しさを具体的にどういったモチベーションで乗り越えるのかと聞かれているのと全く同じだと思います。学校での勉強は半分強制だったかもしれませんが、社会の仕事はあくまでも自主的にするものです。要は、自分から進んで働こうとする姿勢がどのようなものなのか、会社は面接という形で見ているのです。

自分が会社を必要とする理由では無く、会社が自分を必要とする理由がとても大切です


ですから、就職や転職の面接で必要な事は、あくまでも会社の中で使用人として給料を頂く姿勢では無く、会社の自分を『自分の仕事』として捉え、自分が働く為に会社があるのだという前向きな気持ちをアピールする事です。特に今回の転職を最後にしようと思っている方には、やる気のある姿勢は何よりも大切です。

a0003_3

会社から給料を貰う、だから働くというのは、あくまでも働く人の側の気持ちです。しかし、会社の気持ちになってみれば、お金が欲しいから働く人では無く、自分から進んで仕事を楽しくやりたい人を雇用すると思います。就職や転職を成功させたい方は、『会社の気持ち』になって面接成功を考えてみましょう。

そういう意味で、特に転職を成功させる為には、キャリアコンサルタントのサポートや人間味溢れる様々なサポートをしてくれる転職サイトが必要になってくるかもしれません。転職をサポートするサービスを使ってみると、どのような転職が自分にとって一番良いかたちなのか客観的によく分かると思います。このようなサイトの良い点は、特に紹介先の企業に対して熟知しているという事です。やはり、その企業に入社するマネジメントに特化した専門のキャリアコンサルタントは、サービスのクオリティが全然違います。転職を成功する為にどうしたら良いのか研究をしていない場合は、プロの意見が一番参考になるのではないでしょうか

女の転職@type

『女の転職@type』は、女のシゴトや人生にマッチする仕事を紹介してくれます。
スカウト条件マッチオファーがメールで届くので、十分、検討できます。
さらに、ファッション・美容が好きな女子のために、アパレル・コスメ求人、美容業界求人が充実しています。
女性のキャリアアップを支援するためのセミナーも開催。
また、働く女性の雇用環境を改善するために、企業に対するポジティブアクションの講演会も開いています。
女性が働きやすい環境を支援する転職サービスです。

関連記事

Translate »