Aug 13, 2016

開戦

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。
神奈川の勢力の一連の動き・態度を見るに、当方の誠意を踏みにじる、人としてあるまじき対応であると私は判断しました。

このような神奈川の事業所達を放置しておく事は、我らIT界にとって非常に許容し難く、彼らとこれ以上のコミュニケーションを取るのは不可能だと判断しました。

争点は、誠心誠意の謝意が彼らにあったのか。無い。彼らには真実が無い。ならば、彼らは日本の産業発展にとって明らかに障害となる人間達です。

しかも、あろう事か。彼らは無実で中立的立場のコンテスト会場にまで争いを持ち込み、言論の自由に対する重大な侵害をしました。

そして彼らの一部は、公認会計士を詐称し、某IT企業のメールを偽装し、重大な詐欺行為を働いております。当事業所に不法な威力業務妨害の数々をはたらいただけではありません。

彼らが如き日本産業界の敵に対し徹底的に戦い、きちんと『常識』や『道徳』が日本産業界の中で『機能』をしているという事実を、この戦いをもって証明しようではありませんか。

神奈川のライター関連の事業所の一団は、蛮行を働く違法行為者のゴロツキどもであり、彼らに対して、正当なる裁き、正当なる制裁を加えるのが、健全なる日本の産業を守るという事です。

彼ら、神奈川の犯罪者集団を、日本産業界の中でのさばらせておく訳にはいかない。彼らが違法な手段で獲得し続けてきた権利は、本来あるべきではありません。

徹底的に違法者集団である神奈川の事業所の集団を攻撃し、容赦の無い、完膚なきまでに攻めた上で、今までの分も含めて、日本の健全なる社会運営において彼らが犯した罪の責任を、全て具体的に取ってもらいましょう!

彼らは違法を正当化し続けている。そんな神奈川の犯罪者集団であるライター事業所達を、我々は今後、常に敵として認識し続けるでしょう。

関連記事

Translate »