Jul 31, 2016

クレジットカードのブラックリストに掲載される?借金の返済が心配!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



クレジットカードのブラックリストに掲載されたら、どうしよう?

そんな借金の返済が心配で夜も眠れない人もいるでしょう。

まだ遅滞をしたことがないので、クレジットカードのブラックリストには掲載されていません。

でも、いつかは、この借金の返済がストップしたらと心配。

そんな人は、今からできることはあるのでしょうか?

 

a0001_014924

 

【無理に借金の返済をしないで任意整理する!】


 

いつまで返済が遅滞をしないで続けられるのか心配なら、いっそのこと返済計画そのものを見直してみませんか

別に借金を踏み倒せといっているのではありません。

実は、多重債務者に陥った人は、いつか借金返済が難しくなる傾向なのは分かっています。

それで、法的にこれらの問題を解決するために、債務整理の方法があります。

 

a0001_015133

 

債務整理でも、任意整理なら、借金そのものをなしにはできません。

しかし、借金がなくならなくても、いざ遅滞した時の遅滞金やこれからかかるだろう利息がない計算で支払いができます。

遅滞していないのなら遅滞金は、もともと発生していないでしょう。

でも、これから真面目に借金を返済しても、必ず利息は取られますよね。

その利息分がなくなるので、払うお金は最終的に少ないです。

 

ブラックリストに掲載される条件はどちらが有利?


 

でも、任意整理をすれば、ブラックリストに掲載されます。

しかし、同じブラックリストでも、個人情報機関に『任意整理』対応と記載されるだけです。

クレジットカードの支払いを遅滞してブラックリストに掲載されるのと同じと考える人もいるでしょう。

確かに、個人情報機関に掲載=ブラックリストに掲載なので、制限される内容は余り変わりません。

しかし、任意整理なら弁護士が介入しているので、同じブラックリスト扱いでも信用性があります。

例えば、何も連絡をしないで突然資金が尽きたので遅滞をして、その後の連絡にも応じないなら悪質なブラックリスト扱いです。

 

a0002_006814

 

金融業者からすれば、どちらも同じブラックリスト者には変わりないという意見もあります。

でも、本人にとっては、連絡なしのブラックリストだと当然厳しい取り立てもあります。

でも、任意整理を先にしてブラックリストに掲載されるのなら、きちんと金融業者と和解しています。

すると、任意整理期間中の厳しい取り立てはありません

任意整理をすると、利息が減った金額を分割払いで支払う計画に見直しができます

つまり、借金の返済の見直しです。

ところが、連絡なしのブラックリスト掲載扱いだと、一括支払い+遅滞金+利息を払わないとダメなのです。

これって、同じ支払いでも、かなりの違いがありますよね?

それで、借金の返済が心配になったら、弁護士に任意整理の依頼をする方法をお勧めしたいのです。

関連記事

Translate »