Jun 14, 2016

秋葉原に超巨大なアーケードを行政が無償提供して、ファイナルファンタジー7のミッドガルみたいなテーマパークっぽい町にリニューアルするのはどう?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



サイダーの雫です。秋葉原に必要なものは、超大型のアーケードだと思う。

ロボットの敵は、風と雨だ。それが無ければ、アキバの道路をもう一度歩行者天国化すれば、ロボットが公道を歩く面白いエリアになる。

実際さあ、ビッグサイトでもどこでもそうだけれどもさあ、展示とかをやるところって、風雨からそのエリアを守っている訳じゃん。

秋葉原って・・・風雨にモロに晒されてるよね?あと、フリーマーケット的な同人モノを売るスペースが存在しない。歩行者天国の再開も・・・話題にあがらないよね?

これら全ての問題をまるっと解決するとなると、秋葉原を1つのテーマパーク的なイメージを持ったカオスな町にするのがいいんじゃない?めっちゃ丈夫なアーケードで、ジャンク屋とかエロゲー屋ごと、無料であそこの地域だけ、アーケード特区みたいな感じで国が支援して、雨や風から守ってしまうという。

例えば、カラーとして、ファイナルファンタジー7のミッドガルなんか凄い参考になるよね。あのさー・・・。もういい加減、ディズニーランドだけが日本のテーマパークの代表格っていうのは、やめよう!オリエンタルランドさん確かに凄い!けどさあ、アレがアリならば、秋葉原がファイナルファンタジー7のミッドガルになっちゃってもいいんじゃない?

で、それで、中身完全に自由なのに、無料のアーケードで秋葉原全域を守っちゃってさあ、その代わり町のイメージ作りには各店舗全部協力しとけよ・・・?ってカンジでさあ、そうすれば、アイオーティの見本市だってカンタンに開けるし、ゲームだってうどん屋みたいに製造したら速攻でサンプルが配れる。

ちょっとした経済特区にしても良いかもしれない。秋葉原で家電とかゲームとかイノベーション溢れる面白いものを売りたいショップには税金優遇するとかしてさあ。まあ、それは、ほんのちょっと優遇程度でいいと思うけれども。

あとは、常にコミケ的なものが秋葉原で開催されるような、公民館的なスペースをもう行政が作っちゃうといいね!ますぞえさんやってくれないかなあ・・・。今言った話の推進運動全て・・・。うん、まあ、そうすれば、楽市楽座っていうんですか?よく知らないけど。粋な雰囲気でいいんじゃなーいー?

つまりさあ、既存のモノを上手く使って、秋葉原をアイオーティに対応するためにリニューアルしちゃえよ!ってこと!こう、もっと怪しくてさあ、面白いブツが一杯ですぜ旦那的な雰囲気に、テーマパーク的なノリでやっちゃうとかね。でも、安心して遊べるように、警備とかも行政側が支援して、そこは上手くやるみたいな。

そうすればさあ、風雨に弱い、秋葉原を演出する為の、例えば巨大テレビだとかいいカンジのスピーカーだとか、照明とか、でかいフィギュアとか色々置いたりできるでしょ?秋葉原が屋外から屋内になって、電源とかもあれば、アマチュアゲームとか小島氏が新しく作るDEATH STRANDINGとかのゲームの路上テストプレイとかも実現できる。かっこいいよ。

今まで店舗の中でしか実現が厳しかった事が多すぎた。秋葉原は、店の中が狭かったんだね。もっと可能性を広げたいなら、店の外にまでコンテンツが飛び出さなきゃダメだね!

関連記事

Translate »