May 17, 2016

「トヨタ式PDCA」で企業の回らない現状をカイゼン!生産性と品質向上で業績アップ

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



マーケティングや生産方式に携わる人で「トヨタ式PDCA」といえば、一度は聞いたことがあるでしょう。PDCAを回すことが生産性を高めることにつながるので、その成功事例として紹介される「トヨタ式PDCA」は、まさにお手本ともいえるべき存在。日本の多くの工場の生産現場では、上手く回っている「トヨタ式PDCA」を導入した企業が数多くあります。

main

IT企業にとってのWEBマーケティングは必要不可欠ですが、一見、工場の生産現場にしか活用できないと思われがちな「トヨタ式PDCA」は、ネットマーケティングにも応用ができます。また、最終的にITを活用してECショップやSNS展開をするにしても、美容商品から飲料水、地域活性化を目指した地元の名産を利用した加工食品の生産にも「トヨタ式PDCA」は活用ができるのです。

「トヨタ式PDCA」については、最近注目度が上がっています。元トヨタのナンバー1メカニックの原マサヒコ氏が講演をしています。

詳しくはこちら…原マサヒコ氏が講演内容について

講演依頼が増えている背景には「生産性を高める必要性」が多くの企業で発生しているからです。生産性を高める=PDCAを回す必要があるということです。

PDCAを回すには基本が不可欠!

PDCAとは、計画(Plan)・実行(Do)・確認(check)・改善(Act)のことです。PDCAができている会社とは「あるべき場所に物が整頓されている」「いらない物が通路などに放置されていない」「手順がマニュアル化されていて、熟練工ではない初心者でもある程度の生産性が上がる」「掃除が行き届いた職場環境」これらを基本ベースとして、考えます。

plan-686327_1280

「計画」の段階=Planでは、業務計画を考えるのですが、この時に上記の基本ベースが乱れていると、業務計画を立てるのも困難になります。きちんと整理・整頓された職場環境でないと、まずそこから取り組まないといけません。「計画」PlanのPを立てても、それが空論になるのは、基本ベースがしっかりしていないからです。

つまり、身近な例で挙げると・・・

身近にもあるPDCAが回らない事例

「パソコンの中身が整理されていない」「フォルダがない」「ドキュメントに写真もワードもエクセルの表もぐちゃぐちゃに入っている」

上司に「この前の資料をA社との打ち合わせに使うから提出するように」といわれても、どれだか分からない。うっかりゴミ箱に捨てていて、ゴミ箱を空にしたばかりだった・・・なんてこともある訳です。これだとさらに資料を作成する時間がかかり、二重手間になります。また、資料を作成している間に商談の時期を逃す可能性もあるのです。

home-office-599475_1280

また、地方の名産品を加工してECショップで売っている会社の生産工場の例を挙げましょう。毎日、新鮮な名産品が農家から届きます。しかし、それが通路に置きっぱなし。いざ、生産を開始しようとすると、とても傷んでいて使えない。こういう例もきちんとした整頓や整理ができていないから発生するリスクです。

それで、PDCAで何ができて回るようになるのかというと・・・

「生産管理」がきちんとして「品質管理」ができるようになります。
これができれば・・・

生産が向上して品質が向上、無駄に作りすぎないから需要に対して利益がでる範囲で生産・出荷ができるようになります。

a0960_002561

「トヨタ式PDCA」を学んで業務カイゼン!

このような企業の問題点を「トヨタ式PDCA」として話す講演に、元トヨタのメカニックである原マサヒコ氏が講演に登壇します。原マサヒコ氏は、WEBマーケティング会社のCEOも勤めています。まさに、ホワイトカラーにも役立つ内容の「トヨタ式カイゼン」や「トヨタ式PDCA」の講演になります。

企業には、人材不足の余り残業を減らし業務をカイゼンしたい要望が多くあります。人手不足の場合、業務をカイゼンしないと余計な業務に時間や人員を知らずに割いていることがあります。これをカイゼンすることで、人手不足でも生産性を向上することができます。

sub1
原マサヒコ氏による「トヨタ式PDCA」の講演

原マサヒコ氏は、商工会で100回も登壇して「トヨタ式PDCA」について語っています。企業内講演として登壇依頼も増えているとか。悩む経営者は、一度「トヨタ式PDCA」の講演を依頼してみてはいかがでしょうか。

【参加者の声として一部紹介】

「まだまだやれることは数多くあるのだと考えさせられた」
「多くの社員に聴かせて、社内で意識を合わせたい」
これらは、経営者や幹部の声です。
これから、カイゼンすれば・・・企業の業績はもっと伸びるはずです。

【原マサヒコ氏の講演実績】(一部紹介)

・商工会関連(敬称略)
金沢法人会(石川県) / 小矢部市商工会(富山県) / 甲府商工会議所(山梨県) / 三島商工会議所(静岡県) / 木津川市商工会議所(京都府) / 多摩信用金庫(東京都) / 長岡地域商工会連合(新潟県) / 荒川法人会(東京都) / 中小企業佐賀懇話会(佐賀県) / 他多数

詳しくはこちら…原マサヒコ氏の講演実績

・企業関連(敬称略)
小松精練株式会社 / 株式会社ツムラ / SMBCコンサルティング / SMBC日興証券 / ジョンソン&ジョンソン / PMI (プロジェクトマネジメント協会) / テンプスタッフ株式会社 / 株式会社クレハ / フェニックス・シーガイア・リゾート / 日本経済新聞社 / 他多数

関連記事

Translate »