May 5, 2016

いいアイデアを面接でプレゼンされたら、企業はその場で『現金買取』をすべき!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



こんばんは、サイダーの雫です。

いやー、最近、就職関連の事に興味や関心がありましてね。色々イノベーションも沸くんですわ。

で、今日のイノベーションなんだけどね!「いいアイデアを面接でプレゼンされたら、企業はその場で『現金買取』をすべき!」って内容なのよ。

例えばさあ、世界初の素晴らしいアイデアを、企業が応募者さんから面接でプレゼンされたとするじゃないですか。で、その場で企業さんがそのアイデアを現金買取しなかったとするでしょ?

そうしたら、どうなると思う?帰ってからそのアイデアを丸ごと応募者さんに、ブログで全公開されるっていう常識を、人事の人は知らない事が多すぎるっていう事なんだよね!

だってさあ、そのアイデアに対して秘密保持契約も請負契約も応募者さんと企業は結んでいないワケでしょ?

ならさあ、応募者さんの立場としては、その世界初の素晴らしいアイデアを考えるにあたってかかった時間や労力を単純に時給換算すると、30万円は欲しいよね。

(30万円くれれば、応募者は企業さんにそのアイデアの著作権を譲っても良いと思うし、秘密保持契約もセットで結んでも全然OKだと思う)

なんで30万円っていう具体的な金額を出したと思う?支度金なんだよ。通常フリーターっていうものはさあ、正社員になるにあたって何がネックになると思う?そう、採用されてから初任給までどうやって食っていくかっていう事なんだよね。

つまり、どういう形でもいいから30万円あれば、初任給まではフリーターが食いつなげるでしょ?いや、今のはフリーターを例に出した、あくまでも例え話よ?例え話。

最近よく日本は正社員化って言うけどさあー、分かってないんだよね?いきなりフリーターが初任給まで食いつなぐだけのお金をバイトで作れますか?無理なんだよ。

だから、日本の雇用事情なんて現実的にほとんど改善されない。これは問題だよ・・・。改善すべきだね、『今日』。

関連記事

Translate »