Apr 23, 2016

ドラクエ不要。『青き鳥の紋章』のファンタジーRPGをスクエニは作るべき。

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



おはよう!サイダーの雫だよ?
何となくブログに出勤しました!ってカンジを出すために、実は書いてる時間が仕事から帰った時間なんだけど『オハヨウ』にしてみた。ダメ?

でね、僕の意見なんだけど。ドラクエはもうこの世から無くなってOKだと思うんだ。ドラゴンクエストってもう歴史終了させていいよね?うん、OK。

aokitori

その代わりに、『青き鳥の紋章』のファンタジーRPGをスクウェア・エニックスは作るべきなんだ。僕が宮崎駿みたいなカンジで『ゲーム監督』で・・・(笑)

ちょっと僕の世界観の話になるけれども、『青き鳥の紋章』を手にした主人公は、『青き鳥の紋章』の魔法の力で、周りの人と『想いを共有』する力を持つようになるんだ!どうだい?斬新で素晴らしいだろう?

『青き鳥の紋章』を使った魔法の名前もちゃんと考えてある!RPGらしい名前のね!回復魔法で『ヒールツイート』って言うんだ!タイミングに合わせて、仲間が『リツイート』すると・・・どうなるかは秘密です。

いいかい?RPGというものは、仲間との『想いの共有』がとても大事なんだ!だから、ゲームの世界には、『青き鳥の紋章』がゼッタイに必要なんだ!

そしてRPGに必要なのは、町の人たちとの触れ合いです。ああっ!『青き鳥の紋章』の力を使えば、町中の人に主人公の『想い』を届けることが出来るッ!

そっそしてっ、その力を応用する事を思いついた主人公ッ!

RPGには、『お金』が必要です。

このファンタジー世界には、『契約魔法』というものがあり、『契約書』にタッチすると魔法を使って契約を結ぶ事が出来ます。

つまり!『青き鳥の紋章』の魔法で、『広告』を町中の人の思考に送り込み、『契約書』にタッチしてもらうという、新たなるビジネスモデルを主人公は思いつく!

そのファンタジー世界には、契約の神『アフィリ』がいます。契約の神『アフィリ』の力を用いて商売の契約を締結する行為を、皆さん全く聞いた事の無い言葉でしょうが『アフィリエイト』と言います。

主人公「もっともっと、青き鳥の紋章の広告範囲を拡大して、アフィリエイトで秒速1億円稼ぐんだッ!!!!

こうして、契約魔法の真の力を知った主人公は、この偉大なる力を世界の人たちに広めようとします。こうして、この世界に『情報商材』が誕生します!

情報商材の人脈ネットワークの力で新たなる仲間を集め、魔王に挑む主人公!

僕が密かに考えていた話は、こんな感じです。やはり、ファンタジーRPGはこうした王道パターンでなければなりません!

まあ、(前に僕が滅ぼした)情報商材をゲームのファンタジー世界に出すかどうかはともかくとして、この位、現代人の生活スタイルに合った話でないと、人はナットクしませんという事ですね。

ただ、この企画には1つ重大な注意点があって、青き鳥の紋章の『向き』を『くちばしが左向き』にしておかなければならないという事です。

でないとツイッ、げふんげふん!!!うん、あくまでも『青き鳥の紋章』なんだからね!これは僕のオリジナルの企画なんだ!!!決して何かに似てなんかいないんだからな!!!この記事を読んでいる読者は全員空気読めよ!!!!

よし、ご飯でも食べてくるかー。またねん。

関連記事

Translate »