Apr 11, 2016

スターオーシャン5が大炎上した理由は、主人公がバカじゃないからじゃない?

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



ハロー、サイダーの雫だ。

miraiteki

いや、真面目に・・・スターオーシャン5をプレステ4ごと買おうかなー?なんて思っていて(*過去にプレステ4は所持してはいたのだが、生活費のために売ってしまっていたのだった。)、で、レビューを色々見ていたのだけれども。

俺の買う気が消滅するレベルくらいまでにスターオーシャン5が叩かれていて、で、金が無いのもあっていまだに買っていないのだけれども。
(ピザが焼ける大型のオーブンを買ってしまった。)

何でスターオーシャン5がここまで叩かれているのかを、ゲームをプレイしていないのにもかかわらず、解説してみようと思い立ちました。ちなみに、トレーラームービーや公式サイトを見ただけの人です俺は。ハイ。

でさあ、ゴメン、ぜんっぜん関係無い話からしていい?FF9のジタンってバカだよね?バカだから共感するんだけどさ・・・。ヒロインのガーネットがいるにも関わらず、可愛い女がいたらそっちに興味示しまくりだしさあ、何故か盗賊で何故か姫を誘拐して、何ていうか、ハッキリ言って、現実世界にいたら彼の行動を説明しようが無いよね?

でも、FF9のジタンかっこいいよね!金髪だしシッポはえてるしさあー。ゲームってさあ、シナリオライターがバカな話を書いて、それにバカな位大金突っ込んで「ドヤ!!」ってリリースするから面白いんだよね。

なんかさあ、スターオーシャン5のフィデルはそれに比べて、プロフィールを見ていても『将来有望視される剣豪の息子』とかさあ、バカじゃないんだよね!ゲームって所詮はオモチャなんだけど、オモチャ屋の発想じゃないんだよね。学歴も社会的地位もある立派な社会人の発想なんだよ。つまり、オモチャ屋としては『落第』なんだよね。分かるかな?

ゲームの社会的地位が上がって、株主の目が気になるのかも知れないんだけどさあ、株主に「死ね!」「ゲームの為に死ね!」ってハッキリ言えなければ、面白いゲームなんか作れるワケ無いじゃん・・・。

そもそもゲームはプレイヤーの為にある遊びであって、プレイヤーに『命』を1つの物事に賭けさせる為の動機付けなんだよね?分かるかなー。ゲームってゲームのプレイヤーにさあ、「何かのために死ね!」っていうトリガーになってるんだよ(笑)プレイヤーの背中を押して、ガケから突き落としてるんだよね。

俺もつい、それにつられてITの世界に入っちゃってさー、アマチュアあがりで、もう、人生メッチャクチャだよ?けど、メッチャクチャ面白いよ!!!この記事も、全信用を賭けて書いてるよ・・・。東京に来てから、ドキドキしてるんだよねー。こういう、こういう狂気の感覚は、ゲームの面白さに似ている。

ゲームは狂気でクリエイトするんじゃなくて、勝負の狂気を表現したオモチャなんだよ。所詮は1本のゲームは1つのコンテンツに過ぎない。けど、その1本のゲームは、世界を動かしちゃうんだから凄いんだよね。

プレイヤーの快楽の為に作ったゴミなんかゲームとして開発しなくていいから、プレイヤーの人生をガケから突き落とすような、素晴らしいクソゲーをスクエニは開発するべきだ。褒められるな?叩かれろ!アメリカのオープンワールドを意識した議論なんかするな!出来るとか出来ないとか一切考えなくていい。

え、じゃあ、サイダーの雫がプロデューサーだったらどういう『スターオーシャン』を作るのかって?

まあ、普通の回答しかしないけど(っていうか、忙しいから思いつきの回答しか出来ないけど)、ボーカロイドと一緒に5~6個くらいの星を冒険する話にするんじゃないかな?俺、スターオーシャン5の設定資料を見ていて、ヒロインのミキ達と一緒に冒険を『したい』とは全く思わなかった。そもそも、どこぞの星のどこぞの町の主人公の幼馴染ってさ・・・。今、サラッと話しただけの設定の女と、主人公になりきって冒険したいと思うか?絶対に、誰も「その子と一緒に冒険したい!」とは、思わない!

まず、主人公が持っているのは、魔法の力で動くスマートフォンとウェアラブルデバイスだよね!ウェアラブルソードって言って、スマートフォンのアプリを使って能力を変える事が出来てさあ、これってスマートRPGだよね(笑)ウェアラブル端末に『ウォッチ』があるんなら、RPGだったら『ソード』が無きゃあ面白く無いって普通だったら思うよね?

どうせ8人パーティのゲームにするんなら、8人全員にスマートフォンを持たせて、それぞれ違うウェアラブルデバイスを装備させる。おおー!なんか魔法のIOT革命っぽくってカッコ良くない?(笑)っていうかさー、スターオーシャン5のシナリオを書いた人って、スマホ世代じゃないの?中世RPGの概念に何で拘るのかな・・・?設定を・・・。「陳腐」の一言で叩かれて切り捨てられて『ゴミ』扱いされるのなんか目に見えてるじゃん・・・。

そこ、俺が叩く以前の話だよ・・・。

でさあ、スクエニだけにウェアラブル・バハムート零式みたいなのを出して、スマホで宇宙にいるバハムートっぽいのに指示を出して大気圏外から遠距離攻撃!みたいなの?こういうのが、現代で言うところの『スクエニのRPG』じゃない?過去にこだわり過ぎて、発想が現代的じゃないよねー。

スマートフォンで、弓でも剣でもウェアラブルデバイスとして操作出来るのかい!(笑)みたいな、こういう『夢』に人は感動するのですよ。こういう企画なら、世界もナットクして「日本のゲームってイイネ!」ってなる。FF15のトレーラーの最後に車が変形して空を飛ぶシーンが出てきたけど、外国の映画のパクリを日本がやってどうするの?それって面白い?俺はつまんない・・・。

だったら、FF15の世界の中にある巨大な工場の中にある、超巨大3Dプリンターでバハムートが作られて、それが空を飛んで主人公のところまでいって、召喚獣として攻撃!とかさあ、ここまでバカじゃないと「楽しい」って思わないかもな。「召喚獣はいちいち毎回3Dプリンターで作って呼び出すんですか?」とか、FFの召喚獣の概念を一度チェンジしてみせるとか。

ここまで命を懸けたバカが出来ないから、スクエニは終わったと世界では思われている。今後もその評価が変わる事は、スターオーシャン5とかFF15のトレーラーを見る限り無いね!断言出来る!新しくないところが非常につまらん!

アメリカ映画が昔に表現した『未来』みたいなものを見せられたって、アメリカ人はどう思う?「これがFFです」「ハァ?俺は忙しいんだ・・・」ってカンジになるんじゃーないのかなー・・・。

なんか、スクエニ叩きになっちゃったけど、せっかく東京にきたんだからさー、ハケンの仕事ばっかりじゃなくってさー、ゲームの製作関連の仕事とか、紙メディアからのゲーム記事のライターの依頼とかこーなーいーかーなー・・・。

今、営業で東京にたまに行ってるんだけどさ、それと生活をまわす為のハケンだけっていうのも、なんかせっかく東京きたんだから何か欲しいなーって気もするしさー。JRPGがコケまくってダメなら何か俺に仕事下さいって話よー。

新しいゲーム(やゲームのシステム)のアイデアのプレゼンやって?とか、そういうのでもいいんだよねー。

俺実際、仕事の世界ではここ数年勝ちまくってきたし、勝ちまくってる俺みたいな奴に、賭けて欲しいよね・・・。

まー、そういう訳でさー、勝負したいから何か場を用意してよー。嫌そうな顔するなって・・・(笑)俺をヒマにしてどうすんのよー?って感じ・・・。

関連記事

Translate »