Feb 1, 2016

確定申告とは期限がある!青色申告ソフトでビジネス会計を敏速に

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



起業の確定申告・会計・請求書はクラウド会計が便利

開業をしたら確定申告をする必要があります。特に、1月から3月は確定申告の時期なので、会計も大変。
しかし、確定申告とは期限があります。それまでに申告しないと大変です。
でも・・・毎日の業務で手一杯なのに、夜は会計業務でクタクタで・・・
とても、確定申告までできるかどうか不安。
しかし!確定申告は義務なので、体力や時間を投入した結果、せっかくの経営に疲れが出ちゃっては大変です。

では・・・どうすればいいのか?

a1640_000217_m

また、普段の会計や経理が苦手で・・・どうしたら良いのか困ってしまうこともあります。
せっかくあこがれの起業をして経営しているのですから、会計で悩むのもつらいです。
それに、起業をしたら技術をお客様に提供して、サービスもする必要があります。
できるだけ会計の負担は、少なくしたいです。

そんな時に、お役立ちなのが、クラウド会計です。

a1640_000198_m

代表的なクラウド会計が、freee(フリー)です。
freee(フリー)は、2014年12月にデジタルインファクト調べでクラウド会計ソフトNo.1に選ばれた実績があります。
それだけ多くの起業している人に使われているクラウド会計ソフトなのです。

自動会計帳簿があって、わざわざ簿記を覚えなくても使えるのだから、助かります。
まずは、【会計ソフトfreee(フリー)】を無料から使ってみるのも良いかと思います。

また、起業をして始めたけれど、最初は店舗を持たずに個人事業で確定申告は、白色かな?
それとも、お店を持っているから、青色申告?
お店はないけど、個人事業はどうすればいいの?

もしくは、売上がこれだけあるけど、どういう種類で申告するの?
そんな確定申告の種類別のやり方が分からなくて困っている場合は、やよいの青色申告オンラインがおススメです。
無料体験期間も2ヶ月あります。また、ベーシックプランなら、電話で操作方法をサポートして教えてくれるのが、親切です。さらに、確定申告の相談にも乗ってくれるんです!

さらに、顧客に請求書を発行したいけれど、どうしたら良いのか分からない経営者の方には、請求書が作成できるサービスもあります。
これで、請求書を発行するまで、お客様をお待たせすることがなくなりますね。MFクラウド会計無料期間でお試しもできます。

これで、あなたの事業のビジネス会計・確定申告を敏速にこなすと、取引先からの評価も高くなります。
面倒な会計は全て、会計ソフト・オンライン・クラウドに任せてしまいましょう。

関連記事

Translate »