Sep 27, 2015

香川 「宗家金毘羅饂飩 狸屋」の半生さぬきうどん

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



香川 「宗家金毘羅饂飩 狸屋」の半生さぬきうどん

おすすめポイント

香川の讃岐でも、金毘羅と言えば、多くの人が賑わう地としても有名です。
そんな、讃岐金毘羅に店舗を構えているのが【金比羅饂飩 狸屋】です。

讃岐うどんの独特のあるのど越しは、つるりとして風味があります。
他の地域にはない、讃岐独特の味を体験していただきたいです。

実際のお店の饂飩の感じを、表現した半生麺なので、まずは10分湯がきをしていただき、うどんの味と食感をお楽しみ下さい。

香川讃岐うどんの本場の味の地域特産品として、雑誌るるぶでも紹介されています。

この機会に、通販でどうぞ食卓に並べてみませんか。

歌舞伎役者ご用達出前のお店

狸屋の店舗は、四国の有名観光地の近くにあります。その見学の前後に立ち寄るお客様が多く、県外の観光客にも愛される味です。

四国こんぴら歌舞伎の歌舞伎役者のご用達のお店でもあります。歌舞伎役者さんや関係者の皆さんが、楽屋で狸屋のうどんを召し上がっています。出前で讃岐屋のうどんを楽しまれています。

そんな歌舞伎役者さんは、出前で楽しめますが、全国各地のお客様には、通販で狸屋の味を楽しんでいただけます。

原材料の配分にこだわる製法でコシを再現

香川 「宗家金毘羅饂飩 狸屋」の半生さぬきうどんのこだわりは、うどんの原材料にもあります。茹で時間が掛かっても、原材料の粉の比率を昔ながらの製法で守り続けます。こうすることによって、早く安いうどんよりも、旨いうどん本格うどんが完成します。

価格は半生で本格的使用なので、セルフサービスのお店に比べれば少し高めです。しかし、日本全国のご家庭で、本格的な讃岐の味、昔ながらの本当に旨い味を楽しんでいただけます。

職人がこだわる製法は、うどんの食感にも現れています。粉の配分で、安く早いうどんではなく、本格仕様にした訳は、讃岐うどんには大切な食感であるコシです。また、小麦の風味が味わい深いうどんの味を醸し出します。

昔ながらの讃岐うどんの職人のこだわりの味を再現したのが、 香川 「宗家金毘羅饂飩 狸屋」の半生さぬきうどんなのです。

ゆで加減でコシをさらに強くできる

ゆで加減でうどんの美味しさはさらに際立ちます。まず、大きな鍋を用意します。麺類をゆでるには、大きな鍋が必要です。特に、讃岐うどんのようなコシがあるうどんには、その方が美味しく完成します。

宗家金毘羅饂飩 狸屋の讃岐うどんは、1人前100グラムから120グラムを目安にして、3人前ならお湯を3.5リットル入れます。

湯が沸騰しても、火加減を弱めないで、そのまま差し水を少量加えて強火のままにします。そのまま、うどんを13分から15分ゆでます。

最後に仕上げに、麺を締めます。麺を締めるとは、両手で揉み洗いしながら、冷水でうどんを水洗いします。するとコシが強い讃岐うどんの風味が楽しめます。温かいうどんにする際にも、麺を締めると、強いコシが楽しめます。

関連記事

Translate »