Sep 22, 2015

就職が難しいのなら資格を取得して企業に積極採用をしてもらう!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



就職したくても、なかなか出来ない状況は、少しずつ改善していると言っても、まだまだ全国的には余り良くありません。

学歴が大学でも、高卒でもその辺りは同じようで、高校だと在学中に資格を取得したりすると長年の付き合いがある会社に学校から紹介されることもありますが、ほとんどは進学かフリーターになってしまいます。

a0001_008020_m

資格取得で内定を!

大学でも成績が良かったり資格を取得していれば、多数の企業の面接を突破して幾つも内定を取ることもありますが、ほとんどの人はまだまだ就職が難しい時代です。

国も少しずつ政策をしたりして、企業も新卒を取るように変化しています。しかし、原状はまだ全員が就職出来る社会には至っていません。しかし、こうした背景があるからこそ、企業側にとっても良い人材を見つけることや、内定後に入社してもらうことに必死になっています。

良い人材とは、学歴や資格の取得者と言うことになります。

a0001_017607_m

今のバイトで大丈夫?

高校や大学時代は、自分のお小遣いや学費、生活費が大変なので、けっこうバイトをしてしまう人も多いです。そして、そのまま就職しないでバイト先にフリーターとして残ってしまいます。しかし、これは最初に働いた場所で、そのバイト先のカラーに染まってしまい、他の企業に今さら就職する必要もないと思い込んでしまうからです。

確かに、今のバイト先も魅力的かも知れません。人間関係も上手く行って、友達もたくさんいる環境。仕事も慣れて、みんなから頼りにされる。

しかし、どうして進学したのか考えると、それは自分が将来なりたい職業が何か別にあったからだと思います。バイト先の先輩で、20代後半・30代・40代の人を見て、10代・20代の人は考えて欲しいのですが、彼ら・彼女達が就職したかった時代は、本当に出来なかった時代でした。就職が一番難しかった時代です。

しかし、今の10代・20代前半の人達の時代は、努力して学歴や資格を取得すれば、企業に就職して欲しいと求められる時代になったのです。先輩の時代は、学歴や資格があっても無理だったのですが・・・

a1640_000183_m-1024x678

資格取得者を積極採用の時代へ

会社は、学歴や資格がある人を積極的に採用しようとしています。これは、良い人材に入社してもらうことが、会社の将来の安定につながることが分かったからです。それは、先輩達がどんなに学歴・資格があっても就職難で入社出来なかった時代に、企業が人材投資をしなかったので、倒産したりマーケット縮小になってしまった企業が増えた反省の上に成り立っているのです。

その為に、今は、資格を取得して自分の価値を上げれば就職することが難しくなくなりました。

その為には、自分がどの分野の仕事がしたいのかはっきりと明確にした上で資格を取得する必要があるでしょう。

ただし、どんな資格がどんな職業の就職に有利になるのかは、分からない人も多いでしょう。

そんな人は、一度資格サイトを見てみることをおススメします。ケイコとマナブ.net
こちらでは、スクール・通信教育と資格について学ぶ内容が満載です。無料資料請求をして、一度自分の人生について、新しい可能性を検討してみるのも良いかと思います。

関連記事

Translate »