Sep 22, 2015

高知県室戸市が、ユネスコ支援の「世界ジオパーク」に!

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



高知県室戸市が、4年に1度しか行われないユネスコが視線する世界ジオパークネットワークの審査に合格しました。

今回審査に合格して再認定されて「世界ジオパーク」として認められました!

main5

再認定と言っても、4年間世界ジオパークとして実績を積んで、今回は更新のような感じです。ただし、ただの更新とは違って、世界ジオパークの再認定は、けっこう厳しい審査があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室戸ジオパークと呼ばれ、2011年の9月に認定されていて、「海と陸が出会い、新しい大地が誕生する最前線」をテーマにして、室戸半島と室戸市全域をジオパークの範囲として認定されていました。

世界ジオパークって言うのは、自然公園の一種のことで、ユネスコが支援して設立した世界ジオパークネットワークが審査と認定をしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然の地形や地質をそのまま保全したり、生態系もきちんとした配慮をして活動。また、地域の文化や歴史までジオパーク認定の背景にはあります。けっこう、難しいですね。

つまり、高知県室戸市は前回の認定の後も、きちんとした世界ジオパークとしての活動を行っていたので、高く評価されて再度認定を受けて更新されたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、室戸が認定される背景が何なのかと言うと、陸上の地殻変動のプレートテクトニクス理論を証明する地域であることなのです。自然現象が驚異的に起こる土地と言うことで、常に地殻変動にさらされる室戸。地球規模の地質学研究にも影響を与える観測地点なのです。

sub24

また、ウミガメの保護活動も再認定されたポイントになっています。ウミガメやジオパーク保全の為に、地域の理解を深める活動として、室戸高校で「ジオパーク学」が受講出来るようになったのも評価が高かった点です。

さらに、入館料が無料の「室戸世界ジオパークセンター」を廃校利用してオープンさせた功績も認められています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに地元市民密着のガイドを養成する講座もあり、ガイドツアーでは案内人が7301人に増えています。これは2010年の認定前に947人だったので、地域が増加に取り組んでいる証拠です。

まさに、地元で世界ジオパーク認定の為に活動をしている室戸世界ジオパーク。機会があったら、是非、行ってみて欲しいです♪

sub32

室戸世界ジオパーク
http://www.muroto-geo.jp/

室戸市室戸岬町1810-2 室戸世界ジオパークセンター

関連記事

Translate »