Oct 6, 2014

胃粘膜下腫瘍の良性の症状・原因・予防~医療看護用語~

トップページへ戻る

【記事の表示言語】 (Please choose your preferred language.)



『胃粘膜下腫瘍の良性:概要』


胃粘膜下腫瘍とは、胃の粘膜層よりも下や深い部分に出来た腫瘍です。胃粘膜下腫瘍の良性とは、平滑筋腫(へいかつきんしゅ)で大きさが3cm未満の状態です。現在では予防法は特に確立されていないので、早期発見するのなら胃の痛みや吐き気の自覚症状がある場合は受診して胃カメラで検査します。結果、良性と判断された場合でも半年から1年に1度は胃カメラで検査を実施します。

『症状』


胃粘膜下腫瘍の良性診断は、健康診断の胃カメラ検査でわかることがほとんどです。胃粘膜下腫瘍の良性の自覚症状としては、胃がきりきり痛み吐き気が伴うことがあります。胃カメラでは1cmから3cm未満が良性と判断されますが、良性から悪性へ変わるケースも報告されています。その為、良性でも半年や1年ごとに胃カメラ検査を受診して経過を医師に観察してもらいます。また、良性の場合は胃には痛みがないケースもありますが、心窩部痛と呼ばれるみぞおちの痛みや、体重が急激に減る場合やめまい、立ちくらみや腹部に不快感を伴う症状がある場合は受診が必要です。3cm以上になると悪性を疑います。悪性の自覚症状は吐血や下血なので、これまで良性だったケースでもこのような症状が出た場合は受診します。
medications-257336_640

 

『原因』


胃粘膜下腫瘍の良性で原因は現在のところほとんど不明となっています。ただし、寄生虫や好酸球性肉芽腫が原因のケースも確認されています。好酸球性肉芽腫は20歳以下に発症する病気であり、寄生虫は生の魚介類を食したことが原因で発症する胃アニサキス症があります。ただし、これら寄生虫と好酸球性肉芽腫は少数のケースであり、ほとんどの胃粘膜下腫瘍の良性症状は発生してから病状が判断されることと、粘膜下の生検は搾取が難しい為にほとんどのケースで病理診断が出来ないことで原因が不明となっています。予防も出来ず、発症してもそのまま放置している症例者も多いのが現状です。その為、自覚症状も乏しく胃カメラ検査観察をしないと腫瘍の大きさが確認出来ないのです。良性でも胃カメラ検査をしない期間中に1cmから3cmと大きくなるケースがあります。発症理由が原因不明で予防出来ないので、発症しても稀に悪性に至ります。

『予防』


胃粘膜下腫瘍の良性の予防法は原因が不明なので特に事例がありません。ただし、発症ケースから分かっていることは、内科・外科・神経内科の受診で判明することがあります。吐き気や胃の痛みは内科・神経内科でどちらの科の病気か判断されます。投薬されて経過観察されても症状が改善されないケースは胃カメラで検査します。また、胃粘膜下腫瘍の良性は神経性腫瘍でもあるので、神経内科へ受診して分かると言うこともあります。胃のポリープも胃粘膜下腫瘍の良性なので内科から外科へ受診したことで、超音波内視鏡検査を受けて判明します。予防方法はこのように胃に関する不調を感じたらすぐに受診することです。

関連記事

Translate »